新型MIRAIついに発売!! 日本車の未来を塗り替える令和時代のクルマ

いざ、新時代のスタンダードへ! トヨタ MIRAIがクルマの未来を塗り替える

 2020年12月9日、フルモデルチェンジをうけたトヨタのFCV(燃料電池自動車)「ミライ(MIRAI)」が発売となった。

 これはあくまで企画担当自身の推測にすぎないが、昨年末日本を大いに賑わせたクラウン廃止の報がもし現実のものならば、あらたなトヨタのフラッグシップとなるのがこのMIRAIなのではないか、とも考えられる。

 FCV(量産燃料電池車)のMIRAIを、クルマのメインストイリームへ。そんな覚悟とも受け取れる、今回のフルモデルチェンジの中身をご紹介したい。

【画像ギャラリー】ボディカラーのバリエーションも全掲載! トヨタ新型MIRAIの画像をギャラリーで見る

※本稿は2020年11月のものです
文/ベストカー編集部、写真/TOYOTA
初出:『ベストカー』 2021年1月10日号


■「欲しいクルマを選んだらFCVだったと言われるクルマにしたい」

 世界初の量産燃料電池車(FCV)、トヨタMIRAIがフルモデルチェンジして2代目となった。

 大幅な進化を遂げた2代目は「FCVだからではなく、欲しいクルマを選んだらFCVだったと言われるクルマにしたい」という開発陣の思いが詰まっている。

6年ぶりのフルモデルチェンジとなったMIRAI

 それはつまり、環境性能だけでなくすべての魅力を備えたクルマということ。そのために前輪駆動から後輪駆動に変更し、意のままの走りと静かで滑らかな乗り心地を実現。

 まさに「新世代の高級サルーン」と呼ぶにふさわしいクルマに仕上げている。

 ボディサイズは全長4975×全幅1885×全高1470mm、ホイールベース2920mm。

リアビュー。デザイン面も大幅に進化。よりスタイリッシュに

 モーターの出力は154psから182psに向上させ、航続距離はWLTCモードで先代から約3割アップの850km(Gグレード)を実現。東京~大阪間のドライブもラクラクこなせる実力を備えた。

 FCVのいいところは数分間で水素をフル充填できること。

水素タンクを2つから3つに増やし、燃費性能も上げることで航続距離を向上。前輪駆動から後輪駆動に変わった

 水素ステーションの整備は道半ばだが、EVのように充電に時間がかからないのは大きな魅力。そのうえで航続距離が大幅に伸びているのだから利便性が高い。

 プリクラッシュセーフティを進化させたトヨタセーフティセンスで安全を確保し、半自動運転を実現するアドバンストドライブ&パークで運転の疲労を低減。

車道の歩行者を検知し、警報後ドライバーの操作がなければ車線を逸脱しない範囲の操舵アシストを行う「衝突回避操舵支援システム」を採用
ミリ波レーダー+単眼カメラで構成するプリクラッシュセーフティは昼夜の歩行者、昼の自転車を検知。10~80km/hの速度域で作動する

 さらには走行時に取り入れた空気をきれいにして排出する「マイナスエミッションシステム」も初採用するなど、装備面も大幅に進化。

 また、FCシステムはコストを7割削減しながら小型高性能化を実現するなど、技術的進化の内容は紹介しきれないほどだ。

圧倒的な静かさと心地いい高揚感の両立を目指したインテリアは「サイレントダイナミズム」を標榜。内装色は写真のブラックとホワイトが用意される

 グレード体系は標準のGと上級のZ、それぞれに後席の快適性を増すエグゼクティブパッケージを用意し、Gにはアドバンストパークなどを装備するAパッケージも設定。

 価格は710万~805万円としている。

●トヨタ 新型MIRAI 価格表
・G 710万円
・G “Aパッケージ” 735万円
・G “エグゼクティブパッケージ” 755万円
・Z 790万円
・Z “エグゼクティブパッケージ” 805万円
※エコカー減税、環境性能割、グリーン化特例、CEV補助金で約140万円(グレードにより変わる)の優遇が受けられる

●トヨタ 新型MIRAI 主要諸元
・全長×全幅×全高:4975×1885×1470mm
・ホイールベース:2920mm
・車両重量:1930kg
・最小回転半径:5.8m
・最高速度・航続距離:175km/h・約850km
・燃料電池最高出力:174ps
・モーター最高出力/最大トルク:182ps/30.6kgm
・駆動用バッテリー:リチウムイオン電池
・サスペンション(F/R):マルチリンク/マルチリンク
・駆動方式:後輪駆動
・乗車定員:5名

【画像ギャラリー】ボディカラーのバリエーションも全掲載! トヨタ新型MIRAIの画像をギャラリーで見る