ジャガーのコンパクトSUV「E-PACE」受注開始!! ジャガーとしてはお手頃価格?


■全幅1900mmはちょっと大きいと思うが、それでもこの価格は◎

 2018年2月22日より、全国のジャガー正規販売ディーラーにてジャガー初のコンパクトSUV「E-PACE」の受注を開始した。

 E-PACEのサイズは全長4410mm、全幅1900mm、全高1650mm。比べてみると、

◎トヨタC-HR 全長4360mm、全幅1795mm、全高1550mm

◎日産エクストレイル 全長4590mm、全幅1785mm、全高1680mm

 こうして並べると「これで……コンパクトSUV……?」とも思うが、まあジャガー自身が「コンパクト」と言っているので、コンパクトSUVとなる(先行して発売しているF-PACEがさらに大きいので、それと比較して、ということだとも思うが)。

 エンジンは2種類の 2Lガソリンエンジンと1種類のディーゼルエンジンをラインアップに持ち、それが9速ATと組み合わされる。

 価格帯は451万円〜751万円と「ジャガーにしてはお買い得」と言えるものの、かなりワイドレンジ。

 昨今のSUVブームに乗って、かなり売れそうではある(兄貴分のモデルであるF-PACEは発売2年で全ジャガーモデルの約3割を占めるほどの存在感を持つようになった)。

 以下、公式リリースから引用

■クーペスタイルのSUV

 ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マグナス・ハンソン/ Magnus Hansson)は、新型コンパクト・パフォーマンスSUV「E-PACE(Eペイス)」を、2018年2月22日(木)より、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて受注を開始します。

 新たにジャガーのラインアップに追加する「E-PACE」は、ダイナミックなフロントグリルやヘッドランプ、ロングホイールベース&ショートオーバーハング、ドライバーにフォーカスしたコックピットなど、ピュア・スポーツカー「F-TYPE」からインスピレーションを得たデザインを取り入れ、さらに、スポーツカーのようなドライビング・パフォーマンスと、SUVならではの広々とした室内空間と実用性、そして最新のコネクティビティを兼ね備えた、5人乗りの新型コンパクト・パフォーマンスSUVです。

 リアウィンドウ上のスポイラーと一体化したダイナミックなルーフラインは「E-PACE」ならではのクーペスタイルを表現しており、サイドにプレスラインを入れることでグラマラスながらも引き締まったボディに仕上げています。

 さらに、動物のジャガーの親子をモチーフにしたグラフィックを、フロントウィンドウの隅と、ドアミラーから路面を照らすアプローチライトに採用しているほか、ジャガー柄のシートラベルやセンターコンソールフロアなど、「E-PACE」独自の遊び心のあるデザインも随所に配し、個性を際立たせています。

次ページは : ■エンジンと4WDシステム