トヨタ次期RAV4、年内にも日本で復活!!!! いよいよ情報キャッチ!! 

トヨタのRAV4が復活する、というニュースが編集部に入ってきました。トヨタの販売店にも、上層部からも入ってきているので、かなり確度の高い話です。登場時期は年内から来春とのこと。以下、次期(新型)RAV4の情報をお伝えします。

文:ベストカー編集部

ベストカー2018年3月26日号「スーパースクープ特集」より


■導入されるのは「5代目」

1994年に初代が登場したトヨタのRAV4は、モノコックボディのライトクロスオーバーSUVというジャンルを切り開いたパイオニア的存在だった。3ドアのキュートなフォルムで若者の人気を集め、のちに5ドアを追加して販売台数を伸ばし、日本にライトSUV認知の土台を作ったモデルともいえる。

新型RAV4の予想CG
新型RAV4の予想CG

RAV4はその後、2000年に2代目が登場し、2005年に登場した3代目ではより海外での販売力を意識したボディサイズとなり、「コンパクトなSUV」という国内での魅力はやや薄らいでしまった。

しかしいっぽうで、グローバルでは世界200カ国で販売され、トヨタ車としてはカローラ、ハイラックスに次いで売れているモデルとなり、トヨタにとってなくてはならない重要な世界戦略車に登りつめた。

国内では3代目のまま継続販売され2016年に販売を終了しているが、海外向けには2013年に4代目へとモデルチェンジしている。

現在海外で販売される4代目RAV4、プラットフォームは国内で販売されるハリアーと共通で、全長4570×全幅1845×全高1545㎜のボディサイズ
現在海外で販売される4代目RAV4、プラットフォームは国内で販売されるハリアーと共通で、全長4570×全幅1845×全高1545㎜のボディサイズ

では日本に復活導入されるRAV4はどんなモデルか。フルモデルチェンジして登場する「5代目」だ。世界的なクロスオーバーSUVブームのなかで日本でもSUV需要が高まっているなか、ラインアップ強化のため導入される。

カテゴリーとしては、SUVとしては初めて車名別月販台数でトップを獲得した人気モデルC-HRのひとクラス上、ハリアーのひとクラス下となるボディサイズで、ロングホイールベースモデルには3列シートバージョンも用意される。

搭載エンジンはカムリにも搭載される新世代2.5Lハイブリッドがメインで、新開発の2L、NAも搭載予定。すでに開発は終盤で、今年末にも登場の予定だという。

ホンダは今夏にCR-Vを復活導入するが、それを追撃するかたちとなる。

昨年12月のロサンゼルスショーで世界初披露されたコンセプトカー「FT-AC」。次期RAV4のデザインコンセプト
昨年12月のロサンゼルスショーで世界初披露されたコンセプトカー「FT-AC」。次期RAV4のデザインコンセプト