RAV4、CR-V、フォレスターと新型情報一挙お届け!! SUV新情報祭り!! 


 毎日ディーラーを回り、販売店幹部と会って「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。今回はSUVの新車情報を中心に、ニューモデル情報や発売直後の注目車の売れ行きを調査してくれました。

 RAV4、CR-V、ジムニー、CX-8、フォレスター、エクリプスクロスと、新型SUV情報祭りとなっております!

文:遠藤徹
ベストカー2018年4月26日号「遠藤徹の地獄耳スクープ」より


■トヨタRAV4が2019年春に日本発売

 3月30日から開催されたアメリカ・ニューヨークショーにて、トヨタは新型RAV4を世界初公開しました。

 通常は北米仕様のみの発表となるのですが、トヨタはここで「日本においては、(市販開始は)2019年春頃を予定しています」と公言。関係者を驚かせました。

3月のニューヨークショーで北米モデルが公開された新型RAV4。ここで「2019年春に発売」とトヨタから発表された
3月のニューヨークショーで北米モデルが公開された新型RAV4。ここで「2019年春に発売」とトヨタから発表された

 新型RAV4のパワーユニットは新開発2.5Lの直噴NAガソリンエンジンと同ハイブリッドを搭載すると思われます。

 NAガソリンは2列シート5人乗りと3列シート6~7人乗り、ハイブリッドは2列シート5人乗りを設定する見込みです。エンジン違い、もしくはグレード違いで、2種類のグリル形状が異なったフロントマスクを用意。

 車両本体価格は250万~300万円で、日産エクストレイル、マツダCX-5、三菱アウトランダー、スバルフォレスターなどに対抗させます。

 従来のハリアーはアッパーミディアムクラス、C-HRはコンパクトクラスであり、その中間のミディアムクラスにはこれまで真っ向から対抗できるSUVがありませんでした。

 今回これをカバーすることや同クラスでの3列シート仕様のニーズに対応するためにRAV4投入を決断した側面があります。扱い店はこれまでのネッツ店専売から、ネッツ店とトヨペット店の併売ないしは全系列店となりそうです。

■次期型CR-Vはハリアー&CX-8が対抗モデル

 ホンダが8月下旬にも投入する新型CR-Vは、トヨタハリアーとマツダCX-8をライバルに想定していることが明らかになりました。

 新型は2列シート車と3列シート車が設定され、対抗モデルは2列シートがハリアー、3列シートがCX-8となります。

2016年から日本市場での販売を中止していたCR-Vが今夏復活する
2016年から日本市場での販売を中止していたCR-Vが今夏復活する

 新型は、昨年の東京モーターショーにプロトタイプが出品されましたが、市販モデルはこれとほぼ同じ内容となります。

 パワートレーンは1.5Lガソリンターボと2Lハイブリッドで、1.5Lターボは2列シート5人乗りと3列シート6~7人乗り、ハイブリッドは2列シート5人乗りのみになります。

 駆動方式は1.5Lターボが2WDと4WD、ハイブリッドは2WDのみとなります。トランスミッションは全車CVT。車両本体価格は295万~450万円程度に設定する見込みです。

次ページは : ■現行ジムニーの販売好調

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ