【スープラ、レクサス…日本発売確実&間近!!】ジュネーブショー注目国産車


 2018年3月6〜18日に開催された欧州最大級の自動車ショーに、出品された日本車の数々。その中でも市販が確実視されているモデルが4車種登場した。

 レクサスUX、アテンザワゴン、CR-V、そしてスープラだ。本企画では日本市場への登場間近であるこれら4車種の、現時点で集まっている最新情報を改めてお届けしたい。

文:ベストカー編集部
ベストカー2018年4/26号より


■レクサス UX 今年秋頃発表

レクサスUX
レクサスUX

 レクサスが満を持して送り出す都会派コンパクトクロスオーバーSUV、UX。レクサスでは「クリエイティブアーバンエクスプローラー」をコンセプトに、新たなライフスタイルを探求するきっかけとなる「CUE」を目指したとアナウンスしている。

 そして、ジュネーブショーで公開されたレクサスSUVの〝末弟〟が世界中で驚きをもって受けとめられたことは想像に難くない。

 ラインアップは直4、2L+モーターのTHS2を搭載するUX250hと直4、2Lガソリンエンジンを搭載するUX200の2グレードが判明している。

レクサスUX リアフォルム
レクサスUX リアフォルム

 レクサスUXとプラットフォームを共有する「トヨタ版」のC-HRは4WDに直4、1.2Lターボ、FFに直4、1.8L+モーターのハイブリッドを設定するが、この新開発2Lガソリンエンジンは、このUXに最初に搭載されるパワートレーンとなる。

 まず、UX250hのインテリアではシートやドアパネル、フロントセンターアームレストなどに採用されたレッドが鮮烈な印象を与える。このあたりはカジュアルな印象のC-HRよりも質感を上げてきており、レクサス車の面目躍如といったところ。

 いっぽう、新開発の2Lエンジンを積むUX200は、フロントグリルの格子の形状やアルミホイールの造形がUX250hとは若干違っているくらいで外観上の差別化はさほどでもない。

 インテリアは派手なレッドが印象的なUX250hに対し、UX200はブラックを基調とするのは同じだが、シックな装いのホワイトを差し色に使っている。

 低いドライイングポジションとステアリングを中心に配置した操作系によって、ドライビングの高揚感を演出している点は共通している。

 なにしろ兄弟車種のC-HRは大ヒット車種。このUXが発売すればレクサス最量販車種となることも期待できる。

 今年秋頃の日本発表を今から期待して待ちたい。

■マツダ アテンザワゴン 今年秋頃発表

マツダアテンザワゴン
マツダアテンザワゴン

 昨年のLAショーに出展されたマツダ6(日本名:アテンザ)セダンのマイチェンモデルに続き、ジュネーブショーではマツダ6ワゴン(アテンザワゴン)のマイチェンモデルがワールドプレミアされた。

 2012年にフルモデルチェンジされたアテンザの現行モデルとしては実に3回目の改良となる。

 その最大のトピックスは(迫力を増したフロントマスクと)、パワートレーンに直4、2.5Lターボの「SKYACTIV-G2・5T」を搭載していることだ。

 このエンジン、北米で販売されているフルサイズ3列シートSUVのCX-9に搭載されているエンジンと同じで、そのエンジンスペックは最高出力254ps、最大トルク42.8kgとV8、4Lなみの余裕ある性能が与えられている。

 このほか、直4の2.5L、DOHCエンジンも新たに気筒休止技術を採用し、現行CX-5に採用された最新仕様となっている。

 また、先進運転支援システム(ADAS)も大幅に進化。360°ビューモニターなどを新設定し、i-ACTIVSENSEの性能を底上げしている。そしてエクステリアに関してもフェイスリフトを敢行したほか、インテリアも質感を向上させた。

 日本でのこのマイチェンモデル登場は今年秋以降を予定している。

アテンザワゴンのリアスタイル
アテンザワゴンのリアスタイル

次ページは : ■ホンダ CR-V 今年夏頃発表

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ