【スープラ、レクサス…日本発売確実&間近!!】ジュネーブショー注目国産車


■ホンダ CR-V 今年夏頃発表

ホンダCR-V(欧州仕様)
ホンダCR-V(欧州仕様)

 欧州仕様となる新型CR-Vがジュネーブショーで公開された。新型は3列シートモデルも追加されるほか、ハイブリッド車も設定される。発売されればハリアーやエクストレイルの強力なライバルとなるはず。

 欧州では、まず1.5LのVTECターボ搭載車が先行して発売される予定で、駆動方式はFFと4WDが選べる。2L、VTEC+2モーターのi-MMDを搭載したハイブリッド車は追加設定されるスケジュールになっている。

 昨年の東京モーターショーで出展された日本での発売は今年8月下旬から。予想価格は290万~490万円。

■トヨタ GRスープラレーシングコンセプト 来年春頃発表

トヨタスープラ
トヨタスープラ

 そして今回のジュネーブショー全体の目玉車種と言っても過言ではないのがトヨタの新型スープラのレーシングコンセプトカー。

 取材によるよ、発売は2019年3月あたりが有力である。

 車名については、「スープラ」のネーミングは冠する。既報のとおりBMWとの共同開発であり、組み立てもドイツで実施され、日本へ輸入される見通し。

 スタイリッシュなロングノーズの2シータースポーツクーペレイアウトを採用する。FR駆動で搭載するパワーユニットはトップグレードが3L直6ターボで最高出力は268kW(360ps)、最大トルク500Nm(51.0kgm)を発揮する。

 スープラは歴代、カローラ店の専売だったが、次期型は4系列店の併売になるはず。とはいえ月間多くても500台以内と少数だから、都市部を中心に4系列店から扱い店舗をチョイスし、ここで販売からアフターケアまでを担当する方式が採用されそうだ。