VWティグアンにスポーツグレード「R」追加!! 初搭載されたRモデルの実力はいかに

VWの新スポーツカーは、なんとSUV!フォルクスワーゲン ティグアンRが超クール

 フォルクスワーゲンのミドルサイズSUVがマイナーチェンジ。デザインや仕様に加え、モデルラインも刷新。そのなかで最も注目すべきは、ティグアン初のRモデルの投入だ。

 ゴルフRに代表されるフォルクスワーゲン高性能スポーツモデル「R」シリーズの新顔となる「ティグアンR」とは一体どんなクルマなのだろうか。

文:大音 安弘  写真:フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン

【画像ギャラリー】サーキットもOKなSUV「VWティグアンR」


マイチェンで新顔が仲間入り

 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、2021年5月12日、フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」のマイナーチェンジを発表し、同日より販売を開始した。

 改良型ティグアンは、エクステリアのブラッシュアップを実施し、メインエンジンを1.5L TSIに換装。先進機能のアップデートにより、安全と快適の両面での磨き上げが行われている。

 しかし、今回は、新たに追加された特殊なグレードにフォーカスしたい。それがティグアン初の高性能スポーツグレード「ティグアンR」だ。

ティグアンの新顔は、何と高性能なRモデル。お値段も684.9万円と超凄い!

 まず驚かされるのが、その価格。1.5Lエンジンを搭載する標準車のティグアンの価格帯が、407.9万円~503.9万円であるのに対して、ティグアンRは684.9万円とずば抜けて高価。

 エントリーである「ティグアンTSI アクティブ」と比べると、277万円の差にもなる。一体どんなクルマに仕上げられているだろうか。

■迫力満点のRデザイン

 スポーティデザインを売りとする「Rライン」ともデザイン的な共通点はあるものの、各部を専用デザインにアップデート。前後バンパーも専用デザインに変更し、エアロパーツも追加。クロームパーツの採用範囲も拡大されている。

 そして、Rモデルを象徴するブルーの専用色「ラピスブルーメタリック」が選択できるのもRの特権のひとつ。さらに足元には、専用デザインの21インチアルミホイールを装着。これはティグアン装着ホイールのなかでも最も大径のものとなる。

迫力のデュアルエキゾーストが性能の高さを伺わせる

 ティグアン自体ブラックを基調とするインテリアとなるが、贅沢にもR専用ナパレザーシートとレザー製スポーツステアリングを標準化するなど、標準車よりも豪華さも強調。さらにトリムなど細かい部分がR専用デザインに変更され、スポーティな雰囲気を高めている。

ナパレザーシートが奢られたインテリア。装備は、改良型ティグアン全体でアップデートされている

次ページは : Rの走りを生む専用メカニズム