ドイツ超名門 VW T-Roc T-Cross ティグアン三兄弟一気乗りで判明した真価

超名門ドイツ勢が国内最激戦区に刺客投入!! VWのSUV三兄弟一気乗りで判明した真価

 VWが世界で展開しているSUVモデルは全部で7車種ある。現在日本ではこのうちのT-Roc、T-Cross、ティグアンの3車種が展開され、最激戦区たるSUV戦線で居並ぶ人気モデルを向こうに回し善戦している。

 そんなVWのSUV3兄弟の魅力はどこにあるのか? モータージャーナリストの吉川賢一氏が一気乗りで確かめた。

※本稿は2021年1月のものです
文/吉川賢一 写真/VW、ベストカー編集部 撮影/佐藤正勝
初出:『ベストカー』 2021年2月10日号

【画像ギャラリー】各モデル全方位ショットも掲載! VWの人気SUV3兄弟をギャラリーで見る


■T-Cross TSI 1stプラス(301万9000~337万9000円)

VW T-Cross TSI 1stプラス…全長4115×全幅1760×全高1580mm、999cc、直3ターボ(ガソリン)、116ps/20.4kgm、16.9km/L

 1Lという小さな排気量で、どうしてこれほど力強い加速や巡行走行ができるのだろうかと、本当に驚かされる。

 ツインクラッチの7速DSGの低速発進時の動作を気にする方も多いが、少なくともこのT-Crossに関しては、違和感などはまったくなく、ごく自然な動作だ。

 一般道やワインディングでの身のこなしは、ボディサイズに対してオーバースペックな18インチタイヤ(ピレリチンチュラートP7)と、1270kgという、やや軽めの車重の恩恵もあり、グイグイと旋回をする。

 乗り心地は、ボディの上下動をしっかりと抑制し、フラットに保つようなセッティングが施されている。

 中低速で走るワインディングや高速巡行は大の得意だ。

 半面、段差乗り越し時の突き上げは大きく、「ドタン」というインパクトノイズと鋭いショックは、後席だとややきつい。

 約338万円の車両価格だけをみれば、「国産よりも割高な輸入車」という印象を受けてしまうが、ACCやブラインドスポットディテクション、LEDヘッドライト、インフォテイメントシステムのDiscover Pro(SSDナビ、オーディオ、TVなど)などは標準装備だ。

 それを考えると、リーズナブルだといえよう。

3兄弟のなかでインテリアはアクセントカラーを配するなど最もポップで若々しい。ポロベースながら、リアシートの居住性、ラゲッジも大きな不満はない

■T-Roc TDIスポーツ(404万9000~452万9000円)

VW T-Roc TDIスポーツ…全長4240×全幅1825×全高1590mm、1968cc、直4ディーゼルターボ、150ps/34.7kgm、19.5km/L

 2LディーゼルターボのTDI(150ps/34.7kgm)と7速DSGの組合せはT-Rocの武器だ。

 車速ゼロからの発進、強加速、高速巡行走行など、シーンを問わずに力強い。しかもそれを、2000rpm程度の低い回転数でやってのけるのだから凄い。

 試乗したのは17インチの「TDIスタイル」と18インチの「TDIスポーツ」の2台。

 どちらも、乗り心地は、中低速ではやや硬めで、路面の継ぎ目やマンホールなどでは、「ゴツン」という大きめのショックを感じる。

 特に、リアタイヤが地面から受ける当たりが硬く感じ、突起ショックのレベルは国産SUVの平均点以下だ。TDIスタイルであれば、路面との当たりは若干マイルドになるが、まだ硬さが残る。

 リアサスがトレーリングアーム式のコンパクトSUVが405万円と聞くと、随分と高く感じるが、ナビやオーディオ、コネクティッド機能を有した8インチタッチスクリーンモニターのDiscover Proや、画面全体に地図表示ができるデジタルメータークラスターも標準装備。

 また、全車速追従機能付のACCやレーンアシスト機能ももちろん付く。T-Cross同様、T-Rocもコスパはかなり高い。

 お洒落な外観のT-Rocは、デザイン買いもアリだ。

3兄弟では最も新しく2020年7月に日本でデビュー。クーペSUVながら室内高も充分確保されている。インテリアは3兄弟では最もモダンな雰囲気の仕上げ

次ページは : ■ティグアン TDI 4モーション ハイライン(408万9000~620万2000円)