BMWのEVモデル 新型iX今秋上陸!! 最初期モデルは豪華仕様に


 BMWの電動ブランド「BMW i」待望の新型SUV「iX」は、今秋の日本導入が予定され、プレオーダーが開始されている。その「iX」の最初期導入モデルとなる「ローンチエディション」の情報が、新たに公表された。

 色や仕様、そして導入台数も限定されるものの、上陸記念モデルに相応しく、特徴的かつ豪華な仕様となる見込みだ。最速で入手可能なiXの基本仕様と装備内容について解説しよう。

文/大音 安弘  写真/BMW

【画像ギャラリー】上陸が待ち遠しい!BMW の豪華なEV「iX」


■今秋上陸のBMW i初のSUV「iX」の限定車

 BMWは、2021年6月9日、電動化ブランド「BMW i」のミッドサイズSUV「iX」に、限定車「ローンチエディション」を設定。BMWオンラインストアにて、先行予約を開始した。ローンチエディションの価格は、1155万~1373万円となる。

 BMW iXは、2021年秋の正式発表を予定しているが、初期生産モデルを仕様を限定した「ローンチエディション」とすることで、早期導入を目指すようだ。

絶賛予約受付中のBMW iXに、初期生産仕様となる「ローンチエディション」を設定。

■極めて個性的なスタイリング

 BMW iXは、BMWの電動化技術のフラッグシップにあたる最新世代のEVだ。ミッドサイズSUVとなるボディは、全長4953mm×全幅1967mm×全高1695mmとなり、BMWのSUVでは、X5と同等の全長と全幅を備える。ただ全高はクーペSUVであるX6に近いため、とてもスタイリッシュなフォルムを実現している。

未来的かつアグレッシブなiXのスタイリングは、見るものの視線を釘付けにする

 アグレッシブなフロントマスクで、特に目を引くのが、グラフィカルなデザインのキドニーグリルだ。新世代キドニーグリルをベースにしたデザインは、iXの未来的なキャラクターを高めるアイコンであるとともに、センサーやカメラ、レーダーなどのセンシング機能の搭載部の役目も担う。

 シャープでコンパクトなヘッドライトは、歴代モデルで最もスリムなデザインのもので、同じくシャープなリアテールランプとともに、パワフルさとスポーティな走りを連想させる。

iXのプロポーションは極めて個性的。SUVとステーションワゴンのクロスオーバーのようにも感じられる

 そのサイドビューは、塊感の強いデザインであるが、各部のエアロダイナミクスの追求により、Cd値は0.25と極めて優秀。立体的な大型テールゲートやサッシュレスドアなど、細部までデザインにもこだわった。

 ボディの基本構造では、アルミスペースフレーム構造とカーボンケージを取り入れることで、軽量化と高剛性化を両立している。

次ページは : ■斬新なコクピットと贅沢なインテリア