プロトタイプ緊急海外試乗! BMW初の純電動4ドアクーペ「i4」はビーエムのスポーツセダンらしさ全開のEVだ!!


 BMW初の4ドアクーペ型EVとなる「BMW i4」が6月に発表される予定だが、その発表直前にプロトタイプに試乗する機会が得られた。

 BMWといえば3シリーズなどの「スポーツセダン」の伝統を持つメーカーだが、i4は4ドアクーペボディではあるが、BMWのスポーツセダンらしさをもつEVとなっているのか? リポートしていこう!

文/A.オーステルン、Kimura Office
写真/BMW

【画像ギャラリー】新型i4とiXの画像をチェック!


■新しいプラットフォームはパワーユニット3種を搭載可能!

本記事筆者、A.オーステルン氏と『i4 M50』

 BMWは2013年にフルカーボン・ボディを持った電気自動車i3でEVの先駆的な役割を果たした。しかし昨今のEVブームにありながら、BMWではその後、この分野では目立った動きはなく、ここ数年ではアウディ、メルセデス・ベンツ、さらにはフォルクスワーゲンの後塵を拝していた。

 しかし昨年末から中国でX3ベースの「iX3」を生産し、ヨーロッパで販売を開始した。さらに追いつけ追い越せとばかり今年に入って「i4」と「iX」を発表し、間もなく販売も開始する。

『BMW i4 eDrive 40』は0〜100km/h加速が5.7秒、航続距離はWLTPモードで最大590km

 ところでBMWのEVプラットフォーム戦略だが、iX3は既存のX3のボディを使用しフロアを改造して、スケーラブル・バッテリーと一体型Eパワーユニットを搭載したものだが、続いて登場する2台のi4とiXはCLAR(クラスター・アークレクチャー)と呼ばれるICE(内燃エンジン)あるいはPHEVとEVの3種類のパワープラントが搭載可能なフレキシブル・アーキテクチャーを採用している。

純ICEやEV、PHEVの3種が搭載可能なプラットホームフォームを採用

 これが専用プラットフォームを持ったVWやアウディと大きく違うところである。

 さて、この2台は今年中に発表されるが、今回、6月に正式に詳細が発表されるi4のプロトタイプ試乗と、スタジオにおける取材が行われた。

■ i4シリーズ& iXはBMWの最新EV!今年発売予定!!

 BMWは今回のプレスカンフェレンスにおいて、まず今年中に発売が開始されるiXとi4の違いを説明した。

 全高1.7mのiXはクロスオーバーSUVで、自動運転やコネクティビティなどハイテク志向であり、チャレンジングなエクステリア&インテリアデザインが特徴だ。

『BMW iX』は全長4953mm 車幅1967mm 全高1695mmという大柄なSUVだ

 一方、全高1.4mのi4は4ドアクーペというコンベンショナルなデザインでBMWのDNAである究極のドライビングマシーンでMバージョンも用意される。端的に言えば4シリーズ グランクーペのEVバージョンである。

次ページは : ■そして早速プロトタイプ試乗へ!!

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ