ベンツ新型CLS 7年ぶりに新登場 デザインモチーフは「サメ」

■美しいフォルム、驚きの新装備、そしてやっぱり高い

文:ベストカーWeb編集部 写真:Shutterstock

2018年6月25日、メルセデスベンツ日本は3代目となる新型CLSを同日より発売する、と発表した。

ベンツCLSといえば2005年に初代が発売、2011年に2代目へチェンジ、今回の3代目は7年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

メルセデスベンツCLS(3代目)
メルセデスベンツCLS(3代目)

ベンツ自身は同車のことを「4ドアクーペ」もしくは「シューティングブレーク」と呼んでいるが、そのフォルムはかつて日本でカリーナED/コロナEXiVらが活躍し、一世を風靡した4ドアハードトップそのもの。

流麗なデザインと高い走行性能、4ドアの使い勝手をすべて高い次元で成立させた4ドアハードトップは、21世紀の現在、輸入車の独壇場となっている。

今回登場した新型CLSも大変気合いの入ったモデルで、特にデザインは凝りに凝ったフォルムを持つ。前傾するフロントエンドは(デザインモチーフとなっている)「メジロオジロザメ」の尖った鼻先を想わせるデザインで、実際よりも長く見え、シャープさが強調されている。リアのショルダーラインはリアエンドへとスムーズに回り込み、そこにコンビネーションランプが配されている。

CLSのデザインモチーフとなったサメ。なるほど確かに似ている
CLSのデザインモチーフとなったサメ。なるほど確かに似ている

また、新型CLSは3代目にして同車初となる5人乗りとなっている。後席の乗降性が向上したほか、バックレストは40:20:40の分割可倒式、容量490Lから520L(VDA方式)の大型なトランクをさらに拡大することが可能となるなど、日常の利便性も大幅に向上。

エンジンラインアップは2種類で、「CLS220d」はEクラスにも搭載される2Lディーゼルターボ(194ps)と「CLS450 4MATICスポーツ」に搭載される新型6気筒3Lガソリンエンジン(367ps)を用意。

衝突軽減ブレーキ(アクティブエマージェンシーストップアシスト)を含む安全装備もメルセデス製の最新のものが装着されるが、特に注目なのは、ドライバーがウインカーを点滅させた場合、行き先の車線に車両がいないことを確認して、自動で車線を変更する「アクティブレーンチェンジアシスト」。ステアリングの切れ方を補助してくれるそうなのだが、ぜひ試乗時に試してみたい。

また専用アプリをインストールすることで、スマホの操作で車両ドアのロックやアンロックを操作でき、また走行距離や燃料計、平均燃費、さらには「リモートパーキングアシスト」といって、運転手が車外から車両の車庫入れや車庫出しを操作できるという。

いやー大変な時代になってまいりました。乗るのが楽しみですが、ちょっと怖いです。あとやっぱり高い……。

ベンツCLSのリアスタイル。サッシュレスの正統派4ドアハードトップ
ベンツCLSのリアスタイル。サッシュレスの正統派4ドアハードトップ

【メルセデスベンツCLS車両本体価格(税込)】
CLS 220dスポーツ 799万円(右ハンドルのみ)
CLS 450 4MATICスポーツ 1038万円(左/右ハンドル)

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ