新型VWゴルフ ヴァリアント ワゴン専用ボディで登場!! ハッチバックとどう違う??


 2021年6月にフルモデルチェンジしたばかりのフォルクスワーゲン ゴルフに、早くも新バリエーションが加わった。それがステーションワゴン「ゴルフ ヴァリアント」だ。

 これまでのヴァリアントは、リアエンドを長くし、ラゲッジスペースを拡大した仕様であったが、新型では、なんとボディを専用化しているというから驚きだ。主力のハッチバックとの共通点と違い、独自のメリットを含め新ヴァリアントの特徴を紹介しよう。

文/大音 安弘  写真/フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン

【画像ギャラリー】ワゴン専用ボディとなった新VWゴルフ ヴァリアントをチェック


■ゴルフ8のステーションワゴンが上陸

 フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、2021年7月28日、主力モデルのゴルフのステーションワゴン仕様である「VWゴルフ ヴァリアント」のフルモデルチェンジを実施した。

 今年6月15日に8年ぶりのフルモデルチェンジを実施したゴルフ8に続き、刷新されたゴルフ8のヴァリアントだが、グレード構成などの基本的なスペックや装備については、ほぼハッチバックモデルと共通。価格は、各グレード毎14万円~14.1万円高となる305.6万円~389.5万円となる。

ゴルフ8のステーションワゴンとなる「ゴルフ ヴァリアント」が、ハッチバックの約1カ月遅れで登場。

■時代に最適化させた全面的アップデート

 新型の特徴として、「デジタル化」、「電動化」、「ドライバーアシスタンスシステム」の3つをポイントするのは、ゴルフ8ハッチバックと同じ。

 それぞれを簡単に解説すると、最初のデジタル化は、デジタルメーター「デジタルコクピットプロ」と最新式通信モジュール内蔵のインフォテイメントシステムを中心とした先進的なコクピットを指す。新しいコクピットデザインは、メカニカルスイッチの削減や電気式シフトレバーの採用などの変化も生んだ。

ディスプレイの存在感が増したコクピットは、保守的だったゴルフのイメージを大きく変えた

 二つの目の電動化は、48Vベルト駆動式スタータージェネレーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを全仕様に搭載すること。

 エンジンは、最高出力110psの1.0L 3気筒ターボ「1.0 TSI」と、最高出力150psの1.5L 4気筒ターボ「1.5 TSI」の2種類を用意するのも、ゴルフと同様。もちろん、基本スペックは同じ。

 三つ目のドライバーアシスタンスシステムは、ずばり先進の運転支援機能の強化だ。

 従来型ゴルフも積極的に、先進機能の搭載を進めていたが、新型では、従来機能の強化に加え、新機能も採用。同一車線内全車速追従機能付ACC、前後の衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱警報、リアカメラなどを全車標準化し、基本性能が向上。

 さらにヘッドライトもLED式となり、デイライトが備わる。またオプションで、フロントカメラで対向車や先行車を検知し、片側22個のLEDを個別に制御することで最適な配光を実現した「IQライト」も選択可能となっている(一部仕様を除く)。

エンジンは全車がマイルドハイブリッド仕様。先進の運転支援機能も強化されている

次ページは : ■ハッチバックと異なるポイントは!?