スズキ 新型ワゴンRスマイルを発表 歴代初スライドドア版誕生!

ワゴンRにスライドドアの革命児登場!! スズキ 新型ワゴンRスマイル 正式発表

 スズキを代表する軽ワゴンの傑作「ワゴンR」に待望の派生車が誕生!! 2021年8月27日、スズキは新型軽自動車の「ワゴンRスマイル」を発表した。

 ワゴンRは現行型で6代目。1993年の初代モデルからの累計販売台数は、460万台にも及ぶ、日本の軽自動車界に革命を起こしたモデルだ。

 その派生車として誕生した「ワゴンRスマイル」の最大の特徴は、ワゴンRにはない両側スライドドアを採用したこと。革命児ワゴンRに両側スライドドアという武器を装備させた「ワゴンRスマイル」の詳細についてご紹介しよう。

文/吉川賢一、写真/池之平昌信、SUZUKI

【画像ギャラリー】本稿未掲載写真含む53枚!! スズキ新型ワゴンR スマイルの内外装をチェックする


新型ワゴンRスマイルは「ありそうでなかった」ソロユーザー向けスライドドア車

スズキ 新型ワゴンRスマイル(全長3395×全幅1475×全高1695mm/ホイールベース2460mm)

 スズキによると、軽乗用車の新車販売のうちスライドドア車の割合は、半数を超えるという。また、軽ワゴン車購入意向者のうち、4割以上(男性約35%、女性約50%)がスライドドアを希望するそうだ。

 だが、スペーシアやスペーシアギアといった軽スーパーハイトワゴンだと、どうしてもファミリー感が強く、ソロユーザーは選びにくい、という一面もあった。

 そこで考えられたのが、背低ワゴンのスライドドア車、「ワゴンRスマイル」だ。開発コンセプトは「マイスタイル・マイワゴン」、自分らしさを表現することが狙いだ。

開発コンセプトは「マイスタイル・マイワゴン」。ツートーンカラーを含む12通りのボディカラーを設定。写真はコーラスオレンジにアーバンブラウン2トーンルーフの組み合わせ

 鋭い印象があるワゴンRとは大きく異なり、角を丸めたボディ、大きな丸目のヘッドライト、ツートーンカラーなど、オシャレ感が漂っている。

 12通りのカラーバリエーションは、やさしいイエローや目のさえるようなレッド、シックなブルーメタリックなども用意されている。

 スズキのデザイン担当によると、「男性にも気に入ってもらえるよう、ボディカラー選定や、ヘッドライトの形状、ボディへのキャラクターラインなど、ひとつひとつ吟味して、可愛すぎないように仕上げました。いい塩梅に落とし込めたと思います」とのことだ。

ワゴンRにはない両側スライドドアを採用。同社のスペーシアと同様にスライド量が大きいので乗り込みしやすい。パワースライドには予約ロックも搭載

 なお、ボディサイズは全長3395×全幅1475×全高1695mm、ホイールベースは2460mm。ワゴンR(全高1650mm)と比べると全高は45mm高い。スペーシア(全高1785mm)よりは120mm低いので、ちょうどこの2台の中間の高さとなる。なお回転半径は4.4m、ワゴンRと同様の数字を維持している。

 最大の特徴であるスライドドアは、同社のスペーシアと同様に、スライド量が大きいので乗り込みがしやすい。両側のパワースライドには予約ロックもつく。

オシャレ感が漂うインテリアと役に立つスズキセーフティサポートの機能

運転席のヒップポイントは70mm上がったことで、視界の良さと開放感が感じられる。視界移動が少なくなるようにヘッドアップディスプレイも採用された

 非常に明るい雰囲気のインテリア。運転席のヒップポイントは(ワゴンRに対し)70mm上がり、頭部周りのスペースも広がったことで、視界の良さと、開放感が得られている。

 大きな円形のマルチインフォテイメントディスプレイには、クラシカルな針のスピードメーターと、カラー液晶が組みあわせられている。また視線移動が少なくなるよう、ヘッドアップディスプレイもつくなど、安全性能にも注力している。

天井のクロスのライン模様は光によって陰影がつくようになっている。また、シートのメイン材はカッパーのアクセント糸を織り込み、家具のようなファブリックの柄感を出している

 天井に入れられたクロスのライン模様は、光によって陰影がつくようになっており、エレガントさを演出。ドアインナーにも、本革を再現したかのような樹脂製の内張りが貼られており、クオリティ高い雰囲気が漂う。

 また、インパネ表面には、艶有ガーニッシュが貼られており、クラシカルな雰囲気も。ワゴンRスマイルは、先進性とクラシカルなデザインが混在した、オシャレ感が漂うインテリアだ。

9インチメモリーナビゲーションは全方位モニター用カメラの表示画面としても大型なため、ワンタッチで自車周辺の俯瞰映像を見ることができる便利な装備

 使いやすい位置にある9インチメモリーナビゲーションは、スマホ連携も可能だ。全方位モニター用カメラの表示画面としても使われており、ワンタッチで自車の周りの俯瞰映像を見ることができる。

 この自車周辺の俯瞰映像は、駐車時や狭い道でのすれ違いの際、また、左右見通しの効かない交差点など、日常の運転で役立つシーンが多い、便利アイテムだ。今後普及が進んでいく装備だと思われる。

次ページは : 4つのコーディネートパターンと価格&グレード構成は?

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ