ワイルドなトラック、JEEP グラディエーター今冬デビュー決定!


 人気クロカンであるJEEP ラングラーのピックアップトラック版「JEEP グラディエーター」の今冬デビューが発表され、JEEP公式サイト内に特設ページがオープン!

 依然、情報は限定的であるが、少しずつ日本仕様のグラディエーターの姿が見え始めた。日本デビュー目前に控えたグラディエーターについて、特設サイトの情報を含めつつ、日本仕様を予測してみた。

文/大音 安弘、写真/FCAジャパン

【画像ギャラリー】楽しみ方無限大のトラック!ジープ グラディエーター


今冬デビューを予告する特設サイトがオープン

 FCAジャパンは、2021年9月15日、JEEP初となるピックアップトラック「グラディエーター」の2021年冬に発表することを公表し、JEEP日本公式サイト内に、特設サイトを開設した。

 2021年1月に行ったFCAジャパンの新春記者会見にて、ジープ グラディエーターの2021年度内の導入を明かし、その動向が注目されていた。現時点では、発表日についても明言されておらず、発売日、日本仕様のスペック、価格などの詳細な情報は発表時に公表するとした。このため、納車までは、さらに時間が必要となることが予測される。

日本導入が予告されていたJEEPグラディエーターの特設サイトがオープンし、発売のカウントダウンが始まった

ピックアップトラック「グラディエーター」とは!?

 新導入となるグラディエーターは、日本でも人気が高いJEEPのクロカン「ラングラー」と基本を共有するピックアップトラックだ。フロントデザインやキャビンなどは、ラングラーと共通となるが、後席後方のラゲッジスペースの代わりに、広い荷台を与えたものだ。

 ボディサイズは、全長5537×全幅1875×全高1933mmとラングラーよりも全長が約670mmも大きい。これはホイールベースを拡大し、荷台の容積を拡大しているため。ここからもさまざまな用途で活躍するピックトラックにふさわしい改良を加えていることが伺える。

奥ゆきのある荷台を確保することで、オフロードバイクも楽々と載せられる

次ページは : モノグレードでの導入か!?