人気を誇るジープのピックアップトラック「グラディエーター」日本導入決定!!


 2021年1月14日に新春記者会見を実施したFCAジャパン。2020年は、コロナ過で市場全体の新車販売が落ち込みを見せたが、FCAジャパン全体としては昨年同等の販売台数を維持した。

 そのFCAブランドを支える看板ブランドとして目覚ましい成長を見せるのが、アメリカンSUVブランド「ジープ」だ。2020年の年間販売台数は、なんと前年比+1.7%の成長となる13588台を記録。

 そのブランドトップに君臨するのが、アメリカン正統派クロカンである「ラングラー」で、2020年の販売台数は、5757台と全体の約4割を占めるほどなのだ。

 好調のジープブランドの背景に、記者会見ではポンタス・ヘグストロム代表取締役社長は、次なる一手として、米国で高い人気を誇るジープのピックアップトラック「グラディエーター」の2021年度中の日本導入にも向けて、検討を進めていることも明らかにした。

 そのグラディエーターとはどんなクルマなのか? モータージャーナリストの大音安弘が解説する。

文/大音安弘、写真/FCA

【画像ギャラリー】本文未掲載の内装写真あり!ジープのピックアップトラック「グラディエーター」が日本にやってくる!!


■こんなカッコいいピックアップ見たことない!

ジープ グラディエーター。ジープ版ピックアップトラックだ

 日本導入予定のジープ・グラディエーターとは、そのビジュアルからも一目瞭然だが、ジープ版のピックアップトラックだ。

 まずは、その歴史を少し振り返りたい。軍用の四輪駆動車として誕生したジープには、トラック仕様も用意されていたが、グラディエーターは、民生向けとなったジープのピックアップトラックとして開発され、1962年にデビュー。

 基本的な部分をジープ・ワゴニアと共有したモダンなスタイルのトラックであった。実用車としての役目も有り、レッカー仕様なども用意されていた。

 1971年に、戦略的にグラディエーターの名を廃止し、シンプルに「ジープ・ピックアップ」や「Jシリーズ」と呼ぶようになる。そして、1988年まで製造が続けられ、その歴史に一旦幕を落とすことになる。

 しかし、その後もグラディエーターの存在は忘れ去られることはなく、新たなピックアップコンセプトが幾度か提案されることもあったが、市販化に至ることはなかつた。その名を復活させたのが、2019年に発売された最新型なのである。

■ラングラーとの違いは!?

悪路はもちろん、道とは呼べないような場所でも難なく走る

 最新型ピックアップトラック「グラディエーター」は、現行型ラングラーと内外装デザインを共有するが、単純にフロントセクションがラングラー・アンリミテッドと同じと捉えるのは、誤りである。

 似て非なるものといえるのが、フロントグリル。伝統的な7スロットグリルである点は共通だが、グリルスロット幅を拡大させている。その狙いは、エンジン冷却性能の向上だ。トラックが運搬とけん引の両方に頻繁に使用されることを考量したものだ。

一般的な4ドアタイプのアンリミテッド

 もうひとつの大きな違いが大きさ。グラディエーターのボディは、4ドアタイプのみで、そのサイズは、全長5537mm×全幅1875mm×全高1857mm~1933mm、ホイールベース3487mmと超ビッグ。

 日本仕様のラングラー・ルビコンのサイズが、全長4870mm×全幅1895mm×全高1850mm、ホイールベース3010mmなので、全長で667mm、ホイールベースで477mmのもの差になる。

 まさに都市部では駐車場探しにも手を焼きそうだ。しかし、ロングホイールベース化により、乗り心地はラングラーよりも優れるという強みもある。

アンリミテッドと比べ、グラディエーターはひとまわり大きくなっている

 キャビンは、ラングラー・アンリミテッドと同様の機能が備わり、快適性の高いもの。着脱式ルーフパネルや可倒式フロントガラス、着脱式ドアパネル、そして、ルーフなどを取り外した際もキャビンを守るロールオーバーバーを備える点も同じ。

 またキャビン後部のリアガラスは、スライド機構が備わるのはトラックならでのポイントだ。

 荷台サイズは、荷台長1531mm、荷台幅1137mm(最小)~1442mm(最大)、荷台高861mm、総容量1082立方メートルを備える。機能面では、カバー付きの外部給電機能や照明、3段階で固定可能なテールゲートなど様々なニーズを想定した作り込みが図られている。

アンリミテッド。車長だけでなくホイールベースにも違いがある

 パワーユニットは、トルクフルなV6エンジンに集約。285ps/352Nmを発揮する3.6LガソリンV6自然吸気エンジンと260ps/599Nmを発揮する3L、V6クリーンディーゼルターボの2タイプを設定。

 トランスミッションは、ガソリンエンジンでは、6速MTと8速ATの選択が可能。クリーンディーゼルターボは8速ATのみとなる。

 足回りは、前後共に5リンクコイルサスペンションを採用するが、リヤがトラック仕様の専用品となる。全車に4WDシステムが標準となり、スタンダードな「コマンドトラック4×4システム」とよりローギア化を図った「ロックトラック4×4システム」の2タイプを設定。

 グラディエーターの特徴として、ジープに伝統的に使われる強化型リジッドアクスル「DANA44」を前後共に採用。このアクスルは、ラングラーだとルビコンの後輪にしか採用されておらず、よりハードなオフロード性能と重量物のけん引などを意識した仕様であることが伺えるところだ。

次ページは : ■2021年度内、つまり2022年3月までに日本導入は間違いなし!

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ