日産版カングー後継車公開! その名も「タウンスター」


 2021年9月27日、日産は欧州市場の新型小型商用車(LCV)戦略の一環として、「Nissan Townstar(タウンスター)」を世界初公開した。本稿では速報として、今回の発表内容を整理してお届けします。見慣れてくると、かなりカッコいいです。記事文末には次期キャラバン情報についてもすこしだけ言及しております。

文/ベストカーWeb編集部
写真/NISSAN

【画像ギャラリー】これが欧州商用バンの最先端!! 見慣れるとかなりカッコいい「タウンスター」ほか全画像(27枚)

■商用バンと乗用ワゴン、ガソリンとEV仕様が登場

 今回日産から公開された「Townstar(タウンスター)」は、日産が欧州にて展開している商用バン「NV250」と「e-NV200」の後継モデル。同車はルノーの小型商用車「カングー」の日産版として人気を博していた。

現行型の日産NV250。「日産版カングー」として、色濃くカングーのテイストを残す
今回、公開されたNV250の後継車である新型「タウンスター」の乗用ワゴン。昔のセレナのようなテイストを持つ

 新型「タウンスター」には、EVとガソリン車仕様が用意され、ともに商用バンと乗用ワゴンの設定がある。EVモデルは44kWhバッテリーを搭載し、航続距離285km(WLTP複合サイクルを前提とした社内測定値)、最大トルク245Nmを実現。ガソリン車は、現行の排出ガス規制である「ユーロ 6d」に適合した1.3リッターエンジンを搭載し、最高出力130PS、最大トルク240Nmを発生する。

「トレーラースウェイコントロール」、「インテリジェントエマージェンシーブレーキ(歩行者・自転車検知、ジャンクションアシスト付き)」、「プロパイロットパーキング」(EVモデルのみ)、「インテリジェントクルーズコントロール」(ガソリン車のみ)、「プロパイロット」(EVモデルのみ)などの先進安全技術も搭載。また、全ラインナップにApple CarPlayやAndroid Auto、ワイヤレス充電などのコネクテッド技術を搭載し、EVモデルにはさらなる新コネクテッドサービスを導入する予定。

 日産は欧州市場に、(この「NV250の後継車であるタウンスター」のほかに)NV400とNV300の後継モデルとして、さらにひと回り大きい「Interstar(インタースター)」と「Primastar(プリマスター)」も導入予定。商用バンのラインアップを拡充して、市場の占有を目指す。

日産「プリマスター」のバン。これが次期キャラバンになるのだろうか。ちょっとカッコいい

 これら新型車の明確な発売時期は公表されていないが、公開写真はいずれも市販型として完成度がいちじるしく高く、本年末、遅くとも2022年上旬から順次市場へ投入されていくと予想する。

 日本でもそろそろキャラバンのモデルライフ終了が近づいてきており(現行型は2012年6月登場)、この「インタースター」や「プリマスター」をベースに次期型が開発されている見込み。登場が楽しみです。

【画像ギャラリー】これが欧州商用バンの最先端!! 見慣れるとかなりカッコいい「タウンスター」ほか全画像(27枚)