新型フェアレディZを徹底研究! プロトタイプからの変化も細かく比較

祝・正式発表!! もっと知りたい新型フェアレディZ!!

 2021年8月18日、ニューヨークでワールドプレミアされた日産の新型フェアレディZ。その細部をもっともっと掘り下げて深く知りたい!!

 各世代の意匠を随所に取り入れた『Zの集大成』ともいえる新型を日本導入前に徹底研究する!!

※本稿は2021年9月のものです
文/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年10月10日号

【画像ギャラリー】昨年発表された「プロト」からここが変わった!! プロトタイプと正式発表された『Z』を写真で比較(10枚)画像ギャラリー

■シンプルだがひと目で『Z』とわかるスタイル

北米仕様の『Performance』および240台限定の『ProtoSpec』では19インチタイヤが装着される。写真にはないのだが、『Sport』グレードは18インチとなる

 8月18日、ニューヨークでワールドプレミアされた新型フェアレディZ。北米では単に「Z」と呼ばれるため、今回公開された北米向け市販モデルの車体には「FAIRLADY」の文字は記されていないが、もちろん、日本向けモデルの正式名称は「フェアレディZ」となる。

全幅=1844mm、全高=1316mmで現行型と1mm差となっているが、これは単位換算の誤差で、事実上は同寸とみていい
全長は4379mmで現行型に対しプラス119mm。ホイールべースは2550mmで変更なし
フロントフードよりもリアデッキの高さが低いプロポーションは、初代S30型を踏襲したもので、これが「Zらしい」佇まいを演出している。なお、車体サイズは北米向けのインチ表示を換算値で示したため、今冬正式発表される国内モデルで示される数値とは若干の誤差がある

 昨年9月、プロトタイプとして新型Zは横浜の地で初公開されたが、今回公開された市販モデルは、ほぼプロトタイプのスタイリングを踏襲しており、エンブレムを見るまでもなく、ひと目見ただけで『Z』だ!! とわかるプロポーションを作り上げている。

 ヘッドライトのイメージは初代S30型、リアコンビランプのデザインはZ32型を受け継いでいるが、そういったディテールの造形の問題ではない。

 伸びやかで、前端に向かってシャープなエッジラインを形作るフロントフードや、ラウンドしたルーフラインからリアクォーターにかけてのマッシブながらエレガントさを感じさせる面構成など、S30型やZ32型のプロポーションをオマージュし、現代流にアレンジして、新しいけれどDNAを感じさせる新型Zを作り上げているのだ。

シュッと流れ落ちるようなルーフラインから繋がるリアデッキへのラインが美しい。リアクォーターからリアフェンダーにかけての抑揚をつけられた面構成が力感的だ

■インテリアもプロトタイプのイメージを踏襲

インパネセンターの3連メーターはZの伝統。タイトなコックピット感を演出したスポーツカーらしいインテリアは、レトロさとともに新しさも感じさせるものだ

 インテリアも昨年公開されたプロトタイプで提案されたイメージをほぼそのまま受け継いでいる。

 印象的なのが液晶パネルを全面的に使用したメーターパネルだ。

 センターに大型のタコメーターを表示し、左側にブースト計、右側に油温計、油圧計、水温計、デフオイル温度計が並ぶレイアウトが標準的な表示のようだが、液晶グラフィカルなので、オーナーの好みでカスタマイズが可能である。

 また、インパネセンターに並ぶ3連メーターは歴代Zの伝統で、しっかりこれも踏襲されており、レトロと最先端が上手に融合したコックピットだといえる。

新型Zは現在販売されるモデル同様2シーターのみの設定。写真は北米で発表された240台限定の『ProtoSpec』のものだ
現時点では3ペダルの6MT仕様の写真のみの公開だが、9速ATもある
メーターパネルは液晶を採用。表示は3タイプにカスタマイズ可能

 トランスミッションは3ペダルの6速MTに加え、新開発された9速ATが搭載されるが、展示車両をはじめ、日産から提供されたスタジオ写真でもATモデルのものはなく、AT仕様のシフト周りのデザインは未公開だ。

 エンジンはスカイライン400Rにも搭載されるV6、3L(2997cc)ツインターボのVR30DDTTで最高出力405ps、最大トルク48・4kgmを発揮する。

エンジンはスカイライン400Rに搭載されるVR30DDTTと基本は同じだが、リサーキュレーションバルブが採用され、レスポンスがアップ。405ps/48・4kgmを発揮する

次ページは : ■さらに深掘り!! 新型は現行とここが違う!!