国内投入に超期待!!! ホンダ インテグラ 来年復活!!!!


 ここ数年、どうにも迷走している感の強いホンダだが、今はまさに、今後の新時代に向かうための試練の真っただ中にいるのではないだろうか。

 北米で突如復活が発表されたインテグラに対する反響の大きさを見ても、ホンダに寄せる期待の大きさを実感する。

 ホンダが生まれ変わる5年後、10年後を楽しみにしたい!

※本稿は2021年9月のものです
文/ベストカー編集部 写真/HONDA、ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年10月10日号

【画像ギャラリー】インテグラの歴史をギャラリーで紐解く


■北米版インテグラ登場 その瞬間は突如訪れた

 2021年8月12日、アメリカのホンダ公式webサイトに、1枚のティザー写真が公開された。

 バンパーには「INTEGRA」と刻印され、車体全体はわからないが、精悍なスポーティモデルをイメージさせる写真である。

「アキュラ・インテグラ」と銘打たれ、同時に発表されたリリースでは「2022年にアキュラブランドからインテグラが復活する」という趣旨のコメントが記されていた。

8月12日、北米ホンダが突如発表した「アキュラ・インテグラ」。来年、アキュラブランドから北米に向けて市販開始予定

 あくまでもこれは北米での発表であり、日本国内に向けたものではないが、当然、期待は高まる。

 これ以上の詳細な情報はいっさい出ていない。

 まさか、「インテグラ」のネーミングを使いながら、SUVだった……ということもないとは言えない。

 ……と危惧する向きもあろうが、リリースをさらに読み込んでいくと、

「新しいコンパクトプレミアム」という言葉とともに「インテグラはオリジナルと同様に、楽しいドライブ精神とDNAを持つ、アキュラのラインナップとして復活する。

デザイン、パフォーマンス、全体的なドライビングエクスペリエンスなど、あらゆる方法で精密なパフォーマンスへのコミットメントを果たしている」

といった趣旨の言葉が続く。

 これを読む限り、来年投入される「アキュラ・インテグラ」はSUVではなく、歴代インテグラのDNAを受け継ぐスポーティクーペ&セダンとみて間違いないだろう。

国内投入に俄然期待高まる新型インテグラ(画像はベストカー編集部による予想CG)

 気になるパワートレーンだが、これは今まさにホンダが推進している2050年の完全カーボンニュートラルに向けた大きな動きのなかで、電動化の方向にあることは間違いないだろう。

 少なくとも、3代目タイプRのような、8000rpmを超えても回ろうとする、究極のNAエンジンを搭載、ということはないだろう。残念ながら……。

 しかし、電動化へと進化することで、時代にマッチした、新しいエモーショナルドライビングへの道を切り開く、ホンダの近未来への明確なメッセージとなるパワートレーンということになるハズだ。

■ホンダは変革の只中にある

 今まさに、ホンダは新時代への脱皮に向けたサナギの時期と言えるだろう。

 S660やNSXなどスポーツモデルの生産終了や、オデッセイ、レジェンドといった歴史ある車種の販売終了など、車種ラインナップの整理が昨年から今年にかけていっきに発表された。

 車種ラインナップが減らされるいっぽうで、新規投入モデルの具体的な情報や説明がなく、「ホンダよ、どこへ行く……」といった悲観的な印象を持ったファンも多いだろう。ベストカーもまったくもって同様だ。

 しかし、一方で今回のインテグラ復活の報をはじめ、三部社長が就任時に伝えているように、電動化を中心とした、2030~2040年に向けた、今後10年スパンでの商品ラインナップの再構築に向けた、今が一番大切な時期であることをしっかりと認識しなくてはならない。

 まずは来年北米に向けて正式投入される「新型インテグラ」に大いに期待をして、日本国内投入を願いたい。

ホンダのコメントによれば、新型インテグラはこれまでのモデルのDNAを受け継ぐプレミアムスポーツだという。2ドアクーペに加え、4ドアの設定にも期待がかかる(画像はベストカー編集部による予想CG)

次ページは : ■インテグラの歴史