圧倒的居住性のキャブを見よ!! これがオランダDAFのフラッグシップだ


 オランダのトラックメーカー、DAFは6月9日、大型トラックの上位機種「XF」のフルモデルチェンジを実施。同時に新たなフラッグシップとして「XG」「XG+」を発表した。

 欧州の新たな寸法規定の施行に合わせて投入された新型は、すべての面で省燃費性能=CO2低減を追求した意欲作。クラストップの広さを誇る新型キャブやデジタルミラーの採用、さらに同社初となるプレミアムセグメントモデルの新設定など話題盛りだくさんで、市場からも注目されそうだ。

 欧州トラッカーが注目するDAFの新世代フラッグシップトラックの実力をレポートする!

文/多賀まりお
*2021年9月13日発売トラックマガジン「フルロード」第42号より

【画像ギャラリー】欧州最新鋭大型トラック、オランダDAFを画像でチェック(10枚)画像ギャラリー

■新規定に合わせてキャブを大型化
初のプレミアムセグメントモデルも設定

 欧州では、セミ/フルトレーラの連結全長を緩和するECEの新規定が9月1日に施行。これは省燃費化による排出ガス低減と、安全性・快適性の向上を目的にした変更で、キャブのフロントオーバーハング延長と、乱流抑制用フラップ装着のためのトレーラのリアオーバーハング延長を認めるもの。

 DAFの新型キャブはこれに合わせて設計されたもので、フロントオーバーハングを160mm延長。このスペースを活かしてコーナーパネルに大きな曲面を持たせ、フロントウインドウも端部が回り込んだ形状とするなど走行風の圧力を受けにくい形状を追求。約19%もの空力性能向上を実現した。

DAFの新世代モデル3機種。右から従来のトップモデルXF、同社初のプレミアムセグメントモデルであるXG、最上級のフラッグシップモデルに君臨するXG+

 XFのキャブは、これまでと同じ2.5m幅で、フロア中央部には高さ175mmのエンジンを避けるためのフロアトンネルがある。当面の設定はキャブ前後長2360mmのフルキャブのみで、ルーフ仕様も室内光1900mmのハイルーフの1種類だ。

 いっぽう、XFと骨格を共有しながら、新たに設定されたXGとXG+はダフ初のプレミアムセグメントモデル。フロア高を高めてトンネル段差を50mmに縮小。さらにキャブ後部を330mm延長してキャブ容積も拡大。キャブ前後長は実に2690mmにおよび、室内の広さはクラストップだ。

 なおXGとXG+の違いは室内高で、XGの2025mmに対し、4mの全高制限に迫るXG+は2145mmと一層余裕がある。

最上級フラッグシップモデルのXG+。キャブ前後長の拡大や全高4mに迫るハイルーフにより圧倒的な室内空間を実現する

■圧倒的な居住性を誇る新型キャブ
デジタルミラーなど先進安全装備も充実

 キャブ前後長が長いXG系の居住性は圧倒的で、運転席には回転機能が備わり、インパネ中央部から引き出せる大きなテーブルに向かって食事やパソコン作業ができる。ベッド幅は800mmと余裕があり、電動式のリラックスベッドもオプションで選択可能だ。

 また、新型キャブは直接視界を改善すべくフロントウインドウの面積を33%、サイドも15%拡大。ラウンドしたフロントウインドウによってフロントピラーの位置はドライバーに近くなり、斜め前方の視界を拡大。デジタルミラーを選べば死角はさらに減少する。

落ち着いたカラーリングが印象的なXGの運転席。ステアリングコラム右側の操作レバーは1本でAMTと補助ブレーキの操作が可能だ

 「デジタルビジョン」と呼ばれる同ミラーは、両サイドと広角のサイドアンダー、右コーナー(左ハンドルの場合)のフロントアンダーミラーのすべてをデジタル化するもの。フロントアンダーだけのデジタル仕様も存在する。

 衝突安全性についてはUN-ECE・R29の最新強度基準に適合。フロントのファイアウォール部にクラッシャブルボックス構造を備えるとともに、前面衝突時にキャブを400mm後退させる仕組みをキャブヒンジに内蔵。キャブバックにもクラッシャブルゾーンを設ける。

こちらもXGの運転席。メータークラスターは液晶画面になっており、ステアリングスイッチから各種操作を行なうことが可能

次ページは : ■エンジンの見直しで低回転・高トルク化を実現全車に勾配予測制御機能付き12段AMTを採用