BMW iXの未来感が半端ない! BMWのフラッグシップEVが上陸


 BMWの電動ブランドBMW iシリーズのフラッグシップモデルとなるSUV「iX」が、いよいよ日本導入を開始。未来感たっぷりなデザインに加え、新たな機能が満載しているのも見どころだ。

 BMW iの第2ステージの幕開けを象徴する、新SUVの魅力と特徴をお届けしよう。

文/大音 安弘、写真/BMW

【画像ギャラリー】BMWのフラッグシップEVとなるBMW iXの全容


■BMWの未来を凝縮したSUV

 BMWは、2021年11月4日、電動ブランド「BMW i」シリーズのフラッグシップモデル「iX」の販売を開始した。価格は、981万~1116万円となる。

 電動車が主体となる将来に向けた新世代モデル群の象徴といえるBMW iXだが、その原点は、18年11月に開催された米国・LAモーターショーでワールドプレミアされたコンセプトカー「Vision iNEXT」だ。その未来的なスタイルは、大きな話題となった。

 その市販化モデルとして20年11月11月に発表されたのが、このiXなのだ。EVとしての性能追求はもちろんだが、最も我々を驚かせたのが、内外装のデザインがコンセプトカーのデザインを強く反映した未来的なものに仕上げられていたことだ。日本では、20年12月より予約受注が開始され、今年秋以降の導入がアナウンスされていた。

コンセプトカーを忠実に市販車に反映したiXのスタイルは、かなり斬新なもの。まさに未来を先取りといった感じだ

■EVならではのBMWデザインに

 まるで一枚岩のような力強さを感じさせるiXのエクステリアは、まったく新しい控えめなデザイン言語で表現されたものだという。キャラクターラインの少なさは、現代車に共通するものだが、特に興味を惹きつけられるのは、そのダースベイダーのマスクを彷彿させる未来的なフロントマスクだ。

 巨大化されたキドニーグリルは、表面に3Dピラミッドパターンを備えるクローズド構造に。これはiXの電気駆動システムが、わずかな量の冷却用の空気しか必要としないために実現されたもの。

 グリルには、カメラやレーダーが内蔵されており、センサー用のヒーターシステムやクリーニングシステムまでもが、一体化されているという。このため、センシング機能を備え、新BMW iを象徴するキドニーグリルは、高度な技術で製造されており、小傷なら自己修復可能なポリウレタンコーティングが施されているのも特筆すべき点だ。

凝ったデザインのキドニーグリルには、さまざまなセンシング機能が備わっている

次ページは : ■まるで宇宙船のようなコックピットデザイン