王者N-BOXが改良! 注目の新装備搭載&10周年特別車投入で盤石のテコ入れ


 日本一売れている新・国民車、ホンダ N-BOXが刷新!

 2021年12月16日、ホンダのベストセラー軽自動車、N-BOXが一部改良を実施して発売。同時に生誕10周年を記念する特別仕様車も設定された。

 2017年にモデルチェンジした現行型N-BOXにとって昨2020年に続く今回の改良。そのポイントと狙いをさっそくレポートしたい。

文/渡辺陽一郎、写真/HONDA

【画像ギャラリー】本文未収録写真多数!! ホンダ N-BOX一部改良と同時に生誕10周年記念特別仕様車が登場!!(19枚)画像ギャラリー

■今も実質「日本一」のN-BOX 改良のポイントは?

従来の足踏み式を改め、電動パーキングブレーキが標準装備。その恩恵でクルーズコントロールの機能強化にもつながった

 2021年1~11月の新車販売台数を見ると、統計上は1か月平均で約1万8000台を登録したトヨタ ヤリスが最も多い。しかしこの販売実績は、ヤリス+ヤリスクロス+GRヤリスというシリーズ全体の数字だ。ユーザーから見ると、コンパクトカーのヤリスとSUVのヤリスクロスは別の車種になるだろう。

 そこでタイプ別に分類して販売台数を算出すると、N-BOXが国内の最多販売車種になる。2021年には月平均で約1万6000台を届け出した。

 このN-BOXが、2021年12月16日に一部改良を実施した。現行N-BOXは2017年9月に発売され、2019年と2020年にも改良を受けている。発売後にほぼ毎年改良を施して、常に商品力を高めてきたことも、人気の秘訣だ。

 今回のマイナーチェンジで注目されるのは、N-BOXよりも後にフルモデルチェンジを受けたN-WGNやN-ONEと同様、パーキングブレーキを従来の足踏み式から電子制御式に変更したことだ。インパネ(ATレバーの右側)に装着されたスイッチにより、パーキングブレーキを操作できる。

 これに伴って車間距離を自動制御できるクルーズコントロールも進化した。従来はクルーズコントロールを作動させていても、速度が時速25km未満まで下がると解除された。

 それが新型では、電子制御式の採用によって全車速追従型になり、渋滞時の追従機能も加えられている。パーキングブレーキが電子制御式なら、クルーズコントロールの追従機能によって停車した後、停車時間が長引いた時にはパーキングブレーキを自動的に作動させられる。そこで渋滞時の追従機能も採用できた。

 車種によってはパーキングブレーキがレバー式や足踏み式でも全車速追従機能を採用するが、その場合には、追従停車から2秒程度を経過すると警報を発して再発進してしまう。パーキングブレーキが電子制御式なら、このような不都合も生じない。

 車間距離を自動制御できるクルーズコントロールは、高速道路での利用価値が高く、渋滞時のペダル操作も煩わしい。渋滞追従機能は、クルーズコントロールの快適性を一層高める。同時にドライバーの疲労も軽減されるため、安全性を向上させる効果も期待できる。

 また、電子制御式パーキングブレーキには、オートブレーキホールドの機能も備わる。この機能を作動させておくと、信号などで停車した後、ブレーキペダルから足を離しても停車状態とアイドリングストップの作動が続く。

 その後、アクセルペダルを踏むと、オートブレーキホールド機能も解除されて発進できる。なおこの機能は、シートベルトを着用してエンジンを始動した後、スイッチを入れると停車時に作動する。作動をキャンセルすることも可能だ。

■10周年記念の特別仕様車も設定

2011年の初代(先代)N-BOX登場から10周年を記念した特別仕様車「Nスタイル+」(クリスタルブラック・パール)

 初代(先代)N-BOXは2011年に発売されたので、今回の一部改良では、10周年を記念した「Nスタイル+」という特別仕様車のシリーズも設定された。

 その第1弾となる「カスタムLスタイル+ブラック」「カスタムLターボスタイル+ブラック」は、N-BOXカスタムをベースに、ブラックをアクセントにした外観が特徴だ。アルミホイールも専用のブラック塗装になり、N-BOXカスタムの精悍な印象を一層際立たせている。

 今回、特別仕様車を設定した狙いを、開発者は「N-BOXも現行モデルの登場から間もなく5年が経過する。そうしたなかで現行車ユーザーに買い替えを促進する意味でも、(見栄えなどが違う)特別仕様車を設定した」という。カスタムはリセールバリューも良いので、その意味でも乗り換えを促進しやすい背景がある。

 改良を受けたN-BOXの価格は、標準ボディの買い得グレードとなる「L」が157万9600円で、エアロパーツを装着した「カスタムL」は178万9700円だ。両グレードとも、改良に伴って1万9800円値上げされた。クルーズコントロールの機能が向上したことを考えれば納得できるだろう。

 先に述べた「カスタムLスタイル+ブラック」の価格は、ノーマルエンジンが192万9400円、ターボは205万7000円になる。

 販売店に2021年12月中旬に契約した場合の納期を尋ねると、以下のように返答された。

 「半導体などの不足は今も続いており、納期は2~3か月を要する。ディーラーオプションのカーナビだけが遅れることもあり、その場合はお客様に車両を引き渡し(この状態ではカーナビの収まるインパネの中央部分は抜けている)、その後でカーナビを装着することも可能だ。

 また2トーンボディカラーは、納期が4~5か月を要する。全般的に納期遅延は終息していない」

 ちなみにN-BOXは、前述の通り国内のベストセラーだが、2021年10月には届け出台数が前年の46%まで落ち込んだ。軽自動車市場での販売ランキングも、ワゴンR(スマイルを含む)、ルークスに続く3位になっている。

 この背景には、パーツの不足と一部改良が重なったことによる納期の遅延があった。11月には再び軽自動車の1位に返り咲いたが、今は改良を行う時にもタイミングを選ぶ必要が生じている。

【画像ギャラリー】本文未収録写真多数!! ホンダ N-BOX一部改良と同時に生誕10周年記念特別仕様車が登場!!(19枚)画像ギャラリー