ホンダ最強SUV 新型パスポート「トレイルスポーツ」価格判明&今冬発売!!!

このワイルドさが日本にほしい!? ホンダ最強SUV 新型パスポート「トレイルスポーツ」価格判明&今冬発売!!!

 泥と土が似合うホンダ屈指の最強SUV、ついにデビュー!

 米国ホンダは2021年12月6日、新型パスポート トレイルスポーツが今冬米国内の販売店に到着するとアナウンス。同時に価格も発表された。パスポートは日本未発売車ながらホンダの5人乗りSUVとして最大のモデル。

 ラギッドな「トレイルスポーツ」の無骨な外観は、ヴェゼルやCR-Vなど日本国内向けのSUVにない雰囲気でなかなか魅力的!?

文/ベストカーWeb編集部、写真/HONDA

【画像ギャラリー】本文未収録写真多数!! 米国ホンダから新型パスポート トレイルスポーツ登場!!(12枚)画像ギャラリー

■ホンダ パスポートとひと味違う「トレイルスポーツ」

米国ホンダから今冬米国内の販売店に到着するとアナウンスがあった新型パスポート トレイルスポーツ。日本未発売のホンダ5人乗りSUVの最大モデルだ

 ホンダのSUVといえば、日本国内向けにはヴェゼル、CR-Vの2車種のみだが、世界各国では意外なほど多くのSUVが販売されている。アジア諸国では、コンパクトながら3列シート・7人乗りを実現したBR-VやWR-Vなどが販売されているいっぽう、SUVの本場・米国ではより大型なSUVもラインナップしている。

 その筆頭が、パスポートだ。本稿で紹介するパスポート「トレイルスポーツ」の2022年モデルは、なかでも無骨な専用エクステリアなどをもつ、SUV感の強いモデル。

 サイズは、全長4803×全幅1996×全高1834mmと、長さと高さこそ「そこそこ大きいモデルだな」程度の印象だが、およそ2mに迫る幅はさすがアメリカンSUVという堂々たるサイズ感。写真を見ても広大な大地がお似合いのビッグSUVだ。

 その大きな躯体を動かす心臓部も、280馬力を発揮する3.5L V6エンジンと、カーボンなんちゃらが叫ばれる当代には珍しい大らかさ満点だ。駆動方式はもちろん4WDで、最低地上高は約206mmを誇る本格派。

 実は日本向けのCR-Vも最低地上高は210mmを確保しており、このあたりホンダのSUVは、トレンドの都会派SUVと一線を画すポテンシャルを秘めているといえよう。

 閑話休題。さらに玄人心をくすぐるのがトランスミッションで、パスポート トレイルスポーツは9ATを装備。このあたりもCVTが当たり前の国内向けモデルとはひと味違う。

■トレイルスポーツならではの装備と注目の価格は?

ワイルドな中にも高級感のあるシート。2メートルに迫る車幅だけあって車内もゆったりだ

 いっぽう最新装備の充実も抜かりなく、自動ブレーキを含む予防安全システム「ホンダセンシング」は標準装備。先行車追従型のクルーズコントロール(ACC)や車線維持支援システム、オートハイビーム機構なども装備されている。

 さて、2022モデルのパイロットは、先述のとおり、外観ではフロントグリル、フロントバンパー、フェンダーなどが新デザインへと刷新され、よりオフローダーらしさを高めたエクステリアとなっている。

 肝心のトレイルスポーツ専用装備は? というと、トルクベクタリング機構をもつ4WDシステム「i-VTM4」が標準装備されているほか、トレッド幅を10mmワイド化。

 また、18インチホイールは堅牢さを表現した専用デザインで、トレイルスポーツのキャラクターを強調。インテリアでは、トレイルスポーツのロゴをあしらったレザーシートも装備している。

 そして、注目の価格は4万2470ドルで、日本円にするとおよそ483万円。ちなみに、日本仕様のCR-Vは最上級グレードで455万8400円なので、差は30万円程度。車格が近いところでいえば、マツダのCX-8とほぼ同じ価格帯というイメージだ。

 日本導入の可能性はほぼないだろうが、トレイルスポーツのようなオフロード色の強いグレードは日本でも引き合いがあるはず。ヴェゼルやCR-Vへの設定をぜひ期待したいところだ。

【画像ギャラリー】本文未収録写真多数!! 米国ホンダから新型パスポート トレイルスポーツ登場!!(12枚)画像ギャラリー