ホンダ 新型ステップワゴン 7年ぶり刷新で2022年春発売!! 今わかっている全情報

2022年春 7年ぶりにフルモデルチェンジへ ホンダ新型ステップワゴンわかっている情報すべて!!

 2022年春頃に、ホンダステップワゴンがついにフルモデルチェンジすることが判明した。

 実は今回のフルモデルチェンジ、一般的なケースとは異なるスケジュールで進んでいる。現行型モデルは2021年11月末にオーダーストップ。12月現在は在庫のみの販売となり、新型モデル登場までに約3カ月の空白期間が生じることになるのだ。 

 やや異例の展開ながら注目が集まる新型ステップワゴンの動向。その最新情報を流通ジャーナリストの遠藤徹氏がレポート。販売店の実情とともにお伝えしたい。

文/遠藤徹、写真/HONDA

【画像ギャラリー】シルエットと室内が公開!! 新型ステップワゴンのティザー画像をチェック(6枚)画像ギャラリー

ステップワゴンの世代交代に異変?

2015年4月にデビューした現行5代目ステップワゴン。現行モデルはすでに生産中止で、在庫販売のみとなっている

 ステップワゴンが2022年4月にもフルモデルチェンジし、世代交代することが予想されるが、そのモデルの引継ぎスケジュールに従来と違った異変が生じている。

 これまでの一般的な引継ぎスケジュールだと、次期型車投入3カ月前あたりから従来モデルをオーダーストップ(注文受付を打ち切り、生産を中止する)し、あとはメーカーのモータープール在庫や販売店の一掃セールが始まる。それと並行して次期型の投入スケジュールを扱う販社に通達し、発表、発売2カ月前くらいになると、次期型の商品概要や販売戦略を伝達。1カ月前頃には価格を決め、事前の先行予約を開始する、などとなっているケースが多い。

 ところが今回のステップワゴンの引継ぎ方法は従来とまったく異なっている。この11月いっぱいでオーダーストップし、在庫一掃セールに入っている。12月上旬現在はグレード、ボディカラーが絞られ、売れ筋の上級グレードやホワイト、シルバー、ブラックなどしか選べなくなっている。メーカーや販売店の在庫は12月中旬あたりには底をつく可能性が濃厚になっている。

 現行ステップワゴンは狭山工場で組み立てられていたが、同工場が年内で閉鎖されることに伴い、現行ステップワゴンが早めに生産中止になったとされている。

 次期型の発表、発売はどうなっているか。販売店には一旦2022年春(3~5月頃)の発表、発売を通達した。(編集部注:ホンダから2022年春の発表・発売予定と正式にアナウンスされた)

 現行モデルの生産が終了している以上、次期型を可能な限り早く発表、発売しないと販売店にとっては大きな打撃になるのは間違いない。次期型の組み立ては寄居工場に移管して行われることがほぼ決まっている。すでに開発は済ませており、あとは生産に取り掛かる状況にあることは間違いないといえるだろう。

7年ぶりに新型となるステップワゴンはどう進化する?

2022年春頃に登場予定の新型ステップワゴン

 新型ステップワゴンはどんな仕立てになるか。基本的にはキープコンセプトでの世代交代となるはずだが、従来とホンダのミニバンラインナップが路線変更になっているため、それに対応した手直しが必要になっている。同じ狭山工場で組み立てていた「オデッセイ」が年内で生産終了する。ホンダとしては、ここで生じたオープンポイントを次期型ステップワゴンのラインナップで一部カバーする必要が生じている。

 従来モデルのボディサイズは全長が長めで3ナンバーサイズだが、全幅は1695mmで5ナンバーサイズ枠のレイアウトになっている。次期型ではこれを改め、全幅も1750mm程度に拡大し、完全な3ナンバーボディで仕立て、クオリティアップを図るものと思われる。

 パワーユニットは現行の2Lハイブリッドと1.5Lターボの改良バージョンを搭載するはずである。2Lハイブリッドは、これまで2WDのFF車のみであったが、電子制御による4WD車も設定する見込み。従来モデルだとハイブリッドの販売構成比は60%程度であったが、次期型では80%まで引き上げ、電動化の方向性に沿った生産販売計画を組むことになるだろう。

 従来モデルはリヤのハッチゲートが跳ね上げ式と3分の2程度を横開きにする「わくわくゲート」の組み合わせた採用車を設定し、売りのひとつとしていた。ところが縦割りのデザインが不評なこととや半ドアになり開閉ができなくなるなどのトラブルが発生しやすい難点があった。

 このため次期型ではこのわくわくゲートをなくし、跳ね上げ式に1本化する方向で開発しているといわれる。ただモデル末期になってこのわくわくゲートの利便性が見直され人気が復活しているとの動きもあり、従来の跳ね上げ式のみとの併設を継続する見方もある。したがって、まだ最終的な結論が出ていないとの情報も流れている。

 オデッセイの廃止で生じたオープンポイントの穴埋めはどうするのか。従来モデルは標準タイプと上級&スポーティバージョン「スパーダ」の2シリーズ構成だった。スパーダには2Lハイブリッドも設定されている。オデッセイの代わりはスパーダハイブリッドの上級に別バージョンのハイブリッド専用モデルを設定し、オデッセイユーザーの受け皿とするものと思われる。このほか、安心&安全パッケージ「ホンダセンシング」の進化デバイスの採用や使い勝手の一段の向上も図られるものと思われる。

 今後のスケジュールは2022年2月にも次期型ステップワゴンの概要が販売店に提示される。3月に車両本体&オプション&付属品の価格が提示され、事前の先行予約の受付を開始、4月下旬にも発表、発売を開始することが予想される。

※証言:首都圏ホンダカーズメーカー資本店

 現行ステップワゴンはこの11月いっぱいをもってオーダーストップになり、生産中止している。あとはメーカーのモータープールと販売店の在庫販売のみとなっている。ハイブリッドと1.5Lターボの最上級グレード数台に限られる。ボディカラーはホワイト、ブラックしかない。この12月中旬には売り切ってしまう可能性が強い。次期型の予約注文が受けられるのは3月あたりが予想されるから、その間3カ月間は売るモデルがないので、困ることになる。こんなケースはこれまで初めてである。

 次期型の商品内容はまだ、まったく知らされていないので、お客さんからの問い合わせはまったく答えられない状況にある。ライバルの次期型ノア/ヴォクシーの事前予約の受付はもう始まっており、早くしないとお客さんを取られてしまうのではないかと心配だ。

【画像ギャラリー】シルエットと室内が公開!! 新型ステップワゴンのティザー画像をチェック(6枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ