【朗報】HVなのに面白れぇ!! ノートオーラNISMOの走りが全然ハイブリッドじゃなかった件

【朗報】HVなのに面白れぇ!! ノートオーラNISMOの走りが全然ハイブリッドじゃなかった件

 「ハイブリッド」ときいて、「走り」を期待する人がどれくらいいるだろうか。ハイブリッドモデルはこれまで、低燃費で環境性能が高く、静粛性が高いという利点がある反面、走りについては、「悪くはないけれど……」というモデルが多かった。

 もちろん、NSXなどの「スポーツハイブリッド」はあったが、どれも庶民が買えるものではなく、「現実的な価格で、走りが自慢のハイブリッドモデル」はこれまでほぼ存在していなかった。

 そこへ登場してきたのが、「ノートオーラNISMO」だ。フォーミュラEからインスパイアされ、「駿足の電動シティレーサー」をコンセプトに、NISMOの魂とこだわりが注ぎ込まれたノートオーラNISMO。走りのハイブリッドとして、かなり期待できる要素を持っている。

 ノートオーラNISMOには、テストコース内で試乗しているが、テストコース内だけでは、その実力は測れない。今回、ノートオーラNISMOの実力をもう少し知るべく、箱根のワインディングで徹底的に試乗。見えてきた、その実力をご紹介したい。

文/吉川賢一、写真/平野学、NISSAN

【画像ギャラリー】本文未収録写真あり!! 乗って楽しいハイブリッド!! ノートオーラNISMOは面白いぞ!!(14枚)画像ギャラリー

■「走る楽しさ」を狙ったコンプリートカー

日産 ノートオーラNISMO。「駿足の電動シティレーサー」のコンセプトの元に誕生した
日産 ノートオーラNISMO。「駿足の電動シティレーサー」のコンセプトの元に誕生した

 ノートオーラNISMOは、純粋に「走る楽しさ」を狙ったコンプリートカーだ。ノートオーラをベースとして、NISMOのレーシングマシンを思わせる、ド派手なエアロパーツの数々で武装し、フロントオーバーハングとリアオーバーハングを延長、サスペンションをローダウンさせ、リアスポイラー形状を最適化。

 これらによって、車両全体で、ダウンフォースを増大させている。タイヤは、超ハイグリップなミシュラン製パイロットスポーツ4(サイズは205/50R17)を装着。

 パワートレインは、ベースとなるノートオーラと同じ、モーター最高出力136ps/3183-8500rpm、最大トルク300Nm/0-3183rpmのe-POWERシステム。

 異なるのは、NISMO専用チューニングによって、エンジン回転が頭打ちして加速感が鈍らないよう、制御が改良されている点だ。ノートオーラのSPORTモードがNISMOのECOモード相当になるよう調節したうえで、NISMOモードを新設。力強く伸びのある加速感を味わえるようにした。

次ページは : ■路面とのコンタクトはまさに「スポーツ」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ