【朗報】HVなのに面白れぇ!! ノートオーラNISMOの走りが全然ハイブリッドじゃなかった件

【朗報】HVなのに面白れぇ!! ノートオーラNISMOの走りが全然ハイブリッドじゃなかった件

 「ハイブリッド」ときいて、「走り」を期待する人がどれくらいいるだろうか。ハイブリッドモデルはこれまで、低燃費で環境性能が高く、静粛性が高いという利点がある反面、走りについては、「悪くはないけれど……」というモデルが多かった。

 もちろん、NSXなどの「スポーツハイブリッド」はあったが、どれも庶民が買えるものではなく、「現実的な価格で、走りが自慢のハイブリッドモデル」はこれまでほぼ存在していなかった。

 そこへ登場してきたのが、「ノートオーラNISMO」だ。フォーミュラEからインスパイアされ、「駿足の電動シティレーサー」をコンセプトに、NISMOの魂とこだわりが注ぎ込まれたノートオーラNISMO。走りのハイブリッドとして、かなり期待できる要素を持っている。

 ノートオーラNISMOには、テストコース内で試乗しているが、テストコース内だけでは、その実力は測れない。今回、ノートオーラNISMOの実力をもう少し知るべく、箱根のワインディングで徹底的に試乗。見えてきた、その実力をご紹介したい。

文/吉川賢一、写真/平野学、NISSAN

【画像ギャラリー】本文未収録写真あり!! 乗って楽しいハイブリッド!! ノートオーラNISMOは面白いぞ!!(14枚)画像ギャラリー

■「走る楽しさ」を狙ったコンプリートカー

日産 ノートオーラNISMO。「駿足の電動シティレーサー」のコンセプトの元に誕生した

 ノートオーラNISMOは、純粋に「走る楽しさ」を狙ったコンプリートカーだ。ノートオーラをベースとして、NISMOのレーシングマシンを思わせる、ド派手なエアロパーツの数々で武装し、フロントオーバーハングとリアオーバーハングを延長、サスペンションをローダウンさせ、リアスポイラー形状を最適化。

 これらによって、車両全体で、ダウンフォースを増大させている。タイヤは、超ハイグリップなミシュラン製パイロットスポーツ4(サイズは205/50R17)を装着。

 パワートレインは、ベースとなるノートオーラと同じ、モーター最高出力136ps/3183-8500rpm、最大トルク300Nm/0-3183rpmのe-POWERシステム。

 異なるのは、NISMO専用チューニングによって、エンジン回転が頭打ちして加速感が鈍らないよう、制御が改良されている点だ。ノートオーラのSPORTモードがNISMOのECOモード相当になるよう調節したうえで、NISMOモードを新設。力強く伸びのある加速感を味わえるようにした。

■路面とのコンタクトはまさに「スポーツ」

一般道の路面状況では若干スリリングな乗り味となる局面もあるが、それがよりスポーツモデルらしくなって面白い

 今回試乗したのはターンパイク箱根。高速コーナーとアップダウンが続く、関東屈指のワインディングであり、ドライブを味わうにはもってこいの舞台だ。すでに、テストコースでの試乗では、限界性能の高さの片鱗は感じていたが、荒れた路面もある一般公道での試乗は初。

 コーナー前後でのボディモーションや、ギャップのいなし方など、多くを知ることができる。先代のノートe-POWER NISMOとNISMO Sも試乗しており(NISMO Sは冷や汗もののパンチだった)、その進化度合いも注目していく。

 オーラNISMOは、軽めに流して乗るぶんには、「どっしりとした安定感」を、感じられる。路面が極端にきれいな日産のテストコースでも、ターンパイクでもそれは同じだ。

 ステアリングは実に正確で、ちょっとの操作でクルマの向きは綺麗に曲がる。やや固められたサスペンションセッティングのおかげで、姿勢変化はかなり少なく、旋回切り増しや切り替えしのシーンでも、安定したコーナリングをする。

 ただ、許せる範囲内ではあるが、路面凹凸からの突き上げはやや大きく、ガツンとした入力が稀に入り、シートとステアリングホイールから伝わる。「ロードインフォメーションがよく伝わる」ともいえるが、それなりに覚悟は必要だ。

 続いて「NISMOモード」へ切り替えてぺースアップ。アクセルペダルの操作が過敏になり、前方へ引っ張られる感覚が強まる。体感上、6割ほど踏み込めれば、充分速い。発電用にエンジンも回転するが、電子的な加速サウンドが大きく聞こえ、浮遊感のような不思議な感覚だ。

 併せて、ステアリングホイールの操作も忙しくなり、ギャップの跳ね上げも強くあるので、ペースを速められるのは極わずかな時間だけだ。遅れがなく強い加速は、じわっと手汗が出るほどだ。

 (加速の)パンチが効いていて実に面白い反面、路面の突起やタイヤが跳ね、落ち葉を拾って、突如、グリップを失う不安感も生じるので、アクセルを戻すことになる。

 日産のテストコースで試乗している限りは、強めのレーンチェンジを行っても、シャーシが破綻するようなことはいっさいなかったが、一般道では、流石に本領発揮とはいかない。

 タイヤが接地していない瞬間は、アンコントローラブルなので、ペースを落とさざるを得なかった。だが、こうした路面とのコンタクトは、まさに「スポーツ」だった。

 マニュアルトランスミッションを駆使して、エンジンをブン回して走る楽しみわ分かるが、ハイブリッドであっても、これまでと同じよう存分に楽しめる。

 むしろ、ステアリングの操作に集中できるので、コーナーのアプローチや、滑らかな立ち上がりをコントロールする楽しみもある。走らせ方次第で、めちゃくちゃ楽しいのだ。

 ひとつ要望をするならば、減速度をコントロールするパドルシフトが欲しかったところだ。今回、同時にホンダヴェゼルにも試乗したのだが、ヴェゼルの4段階で減速度を制御できるパドルシフトは、下りのスピードコントロールが絶妙にうまかった。

次ページは : ■オーラNISMOは確実に走りのハイブリッドだ!!