日本最高級SUV発売!! レクサスの旗艦「LX」1250万円で本日正式発表

日本最高級SUV発売!! レクサスの旗艦「LX」1250万円で本日正式発表

 2022年1月12日、レクサスは最上級クラスに位置するSUV「LX」のフルモデルチェンジを実施、同日正式発売した。レクサスLXはランドクルーザーのレクサス版として1996年に初代型が北米で誕生、新型となることで4代目となる。

LX600…12,500,000円
LX600…“OFFROAD” 12,900,000円
LX600…“EXECUTIVE” 18,000,000円

 以下、新型LXの概況を速報としてお届けします。

文/ベストカーWeb編集部
写真/LEXUS

【画像ギャラリー】これが日本最高峰のSUVか…新型LX公式画像を一挙蔵出し公開(25枚)画像ギャラリー

■より長く、より広く、より低くなった新型

 新型LXは、高い耐久性や悪路走破性を維持するため、伝統の「ボディオンフレーム構造」を維持しながら、新GA-Fプラットフォームの採用や約200kgの軽量化、デジタル開発による高剛性ボディの実現などを通じてクルマの素性を根本的に刷新。また、高出力で高トルクのV6、 3.5Lツインターボガソリンエンジン(ランドクルーザー300に設定されたディーゼルエンジン仕様は設定なし)や電子制御ブレーキシステム(ECB)、電動パワーステアリングシステム(EPS)を搭載することで、「タフさ」と「高級感」を両立している。

新型レクサスLX発表発売。ノーマル仕様で1250万円と、国産SUV最高級モデルとなる。レクサスは2035年までにすべての販売車種を純EVとする…と発表しているので、モデルサイクルを考えるとこれが最後のガソリン仕様のLXとなるだろう
新型レクサスLX発表発売。ノーマル仕様で1250万円と、国産SUV最高級モデルとなる。レクサスは2035年までにすべての販売車種を純EVとする…と発表しているので、モデルサイクルを考えるとこれが最後のガソリン仕様のLXとなるだろう

 新型レクサスLXのボディサイズは以下のとおり、より長く、より広く、より低く、パワフルに生まれ変わった。

【新型LX主要諸元】
全長/5,100(+20)mm
全幅/1,990(+10)mm
全高/1,885(-25)mm
ホイールベース/2,850(±0)mm
パワートレーン/3.5L V型6気筒インタークーラー付ツインターボ
最高出力/305kW(415PS)
最大トルク/650N・m
タイヤサイズ/18・20・22インチ
車両重量/2,540~2,600kg

 そして新型LX最大の特徴のひとつが「顔」。

 レクサス車のアイデンティティであるスピンドルグリルを、七組のフローティングバーで立体構造を作って表現。サイドラジエーターグリルも冷却性能を確保するため開口部を大きくとって整流効果の高い形状としている。またヘッドライトはL字型のクリアランスランプ(デイタイムランニングランプ機能付)を立体形状へと進化させ、さらにインナーレンズを二重化し、それぞれに異なる段差を設けている。

押し出しの強いフロントマスク。近年このクラスのSUVは「どれが一番怖い顔か」を競っているようだ…
押し出しの強いフロントマスク。近年このクラスのSUVは「どれが一番怖い顔か」を競っているようだ…

 結果的にどこから見てもレクサス車でありながら、新しさと高級感、力強さ、そしてなにより「ただものではない感じ」を醸し出している。

次ページは : ■令和の最高級車!! モチーフは「鷹」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ