新型ヴォクシー/ノア発売!! 最速購入ガイド! 一番お買い得なグレードは…?


 2022年1月、大人気ミニバンであるヴォクシーとノアがフルモデルチェンジを実施しました。ノアには「標準仕様」と「エアロ仕様」があり(ヴォクシーは「エアロ仕様」のみ)、どちらにも2Lの純ガソリン仕様と1.8Lのハイブリッド仕様が用意されています。

 発表発売までの事前予約時点で3万台以上の受注があり、すでに大ヒットといえる新型ヴォクシー/ノア、価格だけ比べると先代型より25万円ほど値上がりしているようですが、それでも「お買い得」と言えるのでしょうか?(言えます)

 そして一番お買い得なグレードはどれか? 最速で各グレードを細かく比較してみました!!

文/渡辺陽一郎
写真/TOYOTA、中里慎一郎

【画像ギャラリー】この「顔」はあり? なし?? なし寄りのあり??? 賛否両論議論百出の新型ヴォクシー/ノアを画像でチェック(13枚)画像ギャラリー

■先代と新型を比べると値上がりしててもお買い得?

 新型ヴォクシー&ノアが搭載するパワーユニットは、2Lの純ガソリンエンジンと1.8Lのハイブリッドだ。グレード構成は、ヴォクシーはエアロパーツを装着した2グレードで、価格帯は309~396万円になる。ノアには標準ボディもあり、価格帯は267~389万円。

新型ヴォクシー(写真右)とノア(同左)、チーフエンジニアの水澗英紀氏(同中央)は3代続けてノア/ヴォクシーを担当した

 ちなみに先代ヴォクシーの価格は、ノーマルエンジンを搭載するZが284万4600円だった。新型の価格帯が309~396万円では25万円以上の値上げになる。

 新旧モデルで比較しやすいのは、標準ボディにノーマルエンジンを搭載するノアXだ。新型の価格は、7/8人乗りともに267万円になる。先代ノアXは、7人乗りが258万7200円、8人乗りは255万6400円であった。人気の高い7人乗り同士で比べると、新型は8万2800円高い。

 その新型に加わった機能や装備には、歩行者の動きなどから危険を予測してステアリングやブレーキ操作を支援するプロアクティブドライビングアシスト、全車速追従機能付きレーダークルーズコントロール、操舵支援を行うレーントレーシングアシスト、後退時に衝突被害軽減ブレーキを作動させるパーキングサポートブレーキ(先代ノアXは4万5100円でオプション設定)、サイド&カーテンエアバッグ(先代ノアXは4万9500円でオプション設定)などを加えた。これらの装備を価格に換算すると19万円に相当する。

 その代わり先代ノアXには、左側スライドドアの電動機能が標準装着されていたが、新型ノアXは両側ともにオプションだ。新型の左側スライドドアの電動機能は6万2700円になる。

 つまり19万円から6万2700円を差し引いた約13万円が、新型になって機能や装備が向上した対価だ。新型の価格アップは前述の8万2800円だから、新型ではこの金額で13万円相当の機能や装備が加わった。従って若干だが新型は旧型より買い得度を強めている。

新型ノア&ヴォクシーの価格表

 新型ヴォクシー/ノアの純ガソリンエンジンはWLTCモード燃費も向上して、2WDのX同士で比べると、先代型が13.6km/Lで新型は15.1km/Lだ。先代型から新型に乗り替えると、燃費数値上は燃料代を10%節約できる。燃費の点でも新型は買い得度を強めた。

■ヴォクシーハイブリッドの新旧比較

 次はヴォクシーのハイブリッドで新旧比較を行う。新型ヴォクシーハイブリッドS-Gの価格は、7/8人乗りともに344万円だ。先代ハイブリッドZSは334万7300円だから、新型のハイブリッドS-Gが9万2700円高い。

 新型ヴォクシーハイブリッドS-Gには、プロアクティブドライビングアシスト、全車速追従機能付きレーダークルーズコントロール、レーントレーシングアシスト、サイド&カーテンエアバッグ(先代型のXは4万9500円でオプション設定)、8インチのディスプレイオーディオなどが加わる。パーキングサポートブレーキは、ヴォクシーZSについては先代型も標準装着されていた。

 以上、装備の違いを価格に換算すると、新型ヴォクシーS-Gでは、20万円相当の機能と装備が加わっている。新型ハイブリッドS-Gの価格アップは、前述の9万2700円だから、ヴォクシーも新型になって買い得度を強めた。

 ハイブリッドもWLTCモード燃費が向上しており、先代ヴォクシーハイブリッドZSは19.0km/Lだったが、新型は23.0km/Lだ。先代型から新型に乗り替えると、数値上は燃料代を17%節約できる。

次ページは : ■一見すると高めに思える価格だが…

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ