クロスカブ110新型登場!! 2ポットキャリパー&キャストホイール採用で大胆リニューアル

クロスカブ110新型登場!! 2ポットキャリパー&キャストホイール採用で大胆リニューアル

 大阪モーターサイクルショーでは新型クロスカブ110とスーパーカブ110も初公開された。ともにフロントディスクブレーキ&前後キャストホイールを確認!

 クロスカブ110のフロントキャリパーは当Webのスクープどおり2ポットで、タイヤの詳細もわかった。会場から速報でお届けしよう!

文/沼尾宏明、写真/鶴見健

【画像ギャラリー】スーパーカブにディスブレーキ+キャストホイールは結構似合う!?(16枚)画像ギャラリー

新型クロスカブはいきなりカスタマイズ車で展示!

 CT125ハンターカブの登場以降も、軽快な車体と30万円台前半という価格で人気を博してきたクロスカブ110。スーパーカブ110をベースにオフロード志向の装備を与え、ヘッドライトガードやロングストロークサス、セミブロックタイヤなど独自装備を持つ。

 新型スーパーカブ110は、当Web既報のとおり一足先に真横写真のみ正式発表された。クロスカブ110は未発表だったが、3月19日にスタートした大阪MCショーで、ついに新型が姿を現したのだ。

 展示された車両は、ノーマルではなくカスタム車だったが、紛れもない新型。従来型はスーパーカブ110と同様、前後ともスポークホイール+ドラムブレーキだったが、新型は前後キャストホイールにフロントディスクブレーキを導入している。

 横置き空冷単気筒エンジンはオールニュー。ケースカバーなど外観が全く異なり、スーパーカブC125や、タイ仕様の新型スーパーカブ110とソックリだ。これらと同じくロングストローク設定や圧縮比のアップなどで、最大トルクは従来型の0.87→約0.9kg-mに向上し、燃費もアップする模様だ。クラッチレバー不要で変速できる自動遠心4速クラッチはもちろん踏襲される。

世界初公開となった新型クロスカブ110。車体カラーは新色のマットアーマードグリーンメタリックだ。マフラーやリヤショック、シートなどはカスタムパーツとなる(詳細は後述)
従来型クロスカブ110。新型もノーマルではこのようにダウンタイプのスリット入りマフラーとなり、ナックルガードやセンターキャリアは非装備となる
レッグシールドのない軽快なスタイルをはじめ、プロテクター付きのヘッドライト、フォークブーツや前後マッドガードなどクロスカブならではの装備は新型でも健在

 まず注目はブレーキキャリパーだ。やはり当Webで既報のとおり、新型スーパーカブ110が1ポットなのに対し、クロスカブはタフな走りを考慮して2ポットを採用していた。

 またホイール色は、キャストになっても従来型と同様マットブラック塗装で精悍に仕上げている。

スーパーカブC125と同型のY字スポークキャストホイールを新採用。フロントはディスクにニッシン製2ポットキャリパー、ABSを組み合わせる。リヤブレーキはドラムのままだ

キャストホイールにはチューブレスタイヤを組み合わせる

 そして撮影車両のタイヤは、現行型やCT125ハンターカブの純正装着タイヤと同じIRC製GP-5だった。今回のモデルチェンジでは、キャストホイール化によりチューブレス(TL)タイヤ対応とし、これまでと同じGP-5をTL仕様としているのだ。

新型クロスカブはチューブレスに対応したが、従来と同じIRC製GP-5をチューブレスにに改良して履いていると思われる。前後80/90-17のタイヤサイズは不変

 また、チューブレスホイールはチューブを入れてWTタイヤを履くことも一般的には可能。

 過去のカブ用名作WTタイヤもチューブを入れて履くことができるだろう。オフ向けではIRC製GP-22、カブならではの雪道も走れるダンロップスノータイヤ、BONSUNスパイクタイヤなども従来どおりOKのハズ。もちろんチューブレスタイヤも選べる。

 スーパーカブ110を含め、新型カブ110のオーナーはタイヤの選択肢が大きく広がるのだ。

次ページは : メーターは待望のギヤポジション表示を追加!