ついにスーパーカブ110が30万円台に!? バイク界コスパ優等生の歴代価格も調べてみた!


 2022年1月にスクープした新型スーパーカブ110の続報をキャッチ。3月に発売され、価格は歴代初の30万円超になる模様だ。

 庶民の足として控えめな価格がウリだったが、キャストホイールとABSが投入され、ついに大台を突破。趣味のバイクへと舵を切るだろう。兄弟車のクロスカブ110とともに、その詳細を大予想しよう!

 歴代の価格も調査し、今回の値上げについても考察してみた。

文/ベストカーWeb編集部、CG/SHINGRAPHIC、写真/HONDA

【画像ギャラリー】新型クロスカブ110は2ポットキャリパー装備で価格も30万円台後半に!?(16枚)画像ギャラリー

2.2万円アップ、されど内容を考えればオツリが来る!?

 値上がりが少なく、長年一定の価格を保ち続ける卵は「物価の優等生」と言われる。バイクにおいて、ホンダのスーパーカブはまさに物価の優等生。1958年の初代スーパーカブC100(49cc)以来、購入しやすい価格を維持してきた。

 ところが近頃は様相が違っていた。現在、ベーシックなカブは50ccと110ccがあり、50は23万6500円、110は28万500円と同排気量帯のスクーターより4~6万円高い。

 これはカブの役割が“趣味のバイク”にシフトしてきたことが主な理由だろう。元々、カブは出前や配達などビジネス用途としての人気を博したが、役割が時代とともに変化。趣味としてのFUN要素が高まり、質感や装備の向上により価格が上昇していたのだ。

 当WEBがつかんだ情報によると、新型スーパーカブ110は、よりホビー向けに生まれ変わり、予想価格は従来型から2万2000円アップの30万2500円。兄弟車でアウトドア向けの装備を与えたクロスカブ110は2万1000円アップの36万3000円と予想したい。

昔ながらのスタイルと走りを継承した現行スーパーカブ110は既に2021年9月で生産終了。価格は28万500円だった
2022年型スーパーカブ110予想CG。ボディデザインはそのまま、足まわりがスポーティに。エンジンは新設計で2万2000円アップと予想する(CGイラストは編集部で製作)

 スーパーカブ110はスタンダードシリーズのカブとしては歴代初の税込30万円台となる模様。しかし変更点を考えれば、“よくぞここまで価格を抑えた”と言えるのだ。

 これまで前後ドラムだったブレーキは、フロントを油圧ディスクに変更するだろう。さらに前輪にABSを新採用するはずだ。リヤはドラムのままで、ABSはフロントのみ作動する1チャンネル式と思われる。

 ホイールはワイヤースポークから前後キャストに。情報筋によると「Y字スポークのキャスト」を履くとの噂で、恐らく上級モデルであるスーパーカブC125のホイールと共通品と思われる。なお、C125のホイールは手の込んだ切削加工を施すが、新型110はコストを考慮し、塗装仕上げとなるようだ。

現行モデルは前後ともスポークホイールとドラムブレーキ。新型は、2021年10月から適用された二輪車のABS義務化に対応し、ディスクブレーキを採用するだろう
スーパーカブC125はY字スポークのキャストホイールを履く。現行110もタイヤサイズが同一だけにC125のホイールを流用する?

 キャストホイール化によってタイヤがチューブレスになったのは朗報。これまでのチューブタイヤはパンクすると途端に空気が抜けてしまい、修理も大変だった。しかしチューブレス化によってパンクしても空気がすぐに抜けず、出先でも対応が簡単になる。

 従来のドラムブレーキ+ワイヤースポークホイールという昭和レトロなメカが生み出すマイルドな乗り味に対し、新型はよりシャキッとした走りになるのは確実。これに関しては賛否両論ありそうだ。

次ページは : クロスカブは2ポットキャリパーで足元を固める!?