おかえりダックス125!! 発売は7月以降!? 航続距離242kmで爆売れなるか

おかえりダックス125!! 発売は7月以降!? 航続距離242kmで爆売れなるか

 国内で新型ダックス125の画像が公開されると同時に欧州でST125ダックスの全容が発表された。車両のディテールや詳細なスペックも明らかになったので、ここに解説を掲載したい。

 スペックで気になるのは、わずか2.5Lだったオリジナルダックスの燃料タンク容量がどこまで拡大されるかだが、3.8Lと約1.5倍に増量。航続距離は242kmに達し、これで安心してツーリングに行くことができる!?

文/市本行平、写真/HONDA

【画像ギャラリー】新型ダックス125のライディングポジションは大人でも余裕だ(19枚)画像ギャラリー

鉄プレスフレームは本物の証、遠心クラッチ式4速ロータリーミッションで確定

 ホンダが欧州でダックス125をリリースする上で強調するのは、「本物」のレトロであること。それはネーミングの由来となったT字型フレームに象徴されているとしている。

 新型ダックス125のT字型フレームは最新技術が注がれたプレス鋼で構成され、美的ディテールに本物の質感を与えるとともに、燃料タンクを収容する機能も果たしている。また、スチールフレームを採用しつつ車重は107kgとモンキー125の3kg増に留めている。

 エンジンは、スーパーカブC125と同じ4速ロータリーと発表されたが、最高出力は9.4PSとC125の9.8PSよりも低い数値となった。ただし、最大トルクは1.1kg-m/5000rpmとC125の1.0kg-m/6250rpmを上回り、低中速に振っていることが分かる。

 タンク容量はオリジナルダックスで2.5Lしかなかったのが、3.8LとスーパーカブC125の3.7Lを上回る容量を確保。WMTCモードの燃費は67.3km/Lを確保しているので、航続距離は242kmとなり、ツーリングにも行ける実用性を確保していることが分かる。

こちらは3月14日に日本で公開されたダックス125。カラーリングは、欧州版ではパールネビュラレッドと発表された。欧州のイヤーモデルは2023年なので、発売は下期(7月以降)になりそう
こちらは3月14日に日本で公開されたダックス125。カラーリングは、欧州版ではパールネビュラレッドと発表された。欧州のイヤーモデルは2023年なので、発売は下期(7月以降)になりそう
ST125ダックス[HONDA]日本名「ダックス125」の欧州仕様。現在日欧でのスペックは共通なので、これがほぼ日本で発売される仕様とみて間違いない
ST125ダックス[HONDA]日本名「ダックス125」の欧州仕様。現在日欧でのスペックは共通なので、これがほぼ日本で発売される仕様とみて間違いない
左サイドには、オリジナルダックスにはなかったカバーが設置されている。カラーリングはパールカデットグレーでパールネビュラレッドと2色ラインナップする
左サイドには、オリジナルダックスにはなかったカバーが設置されている。カラーリングはパールカデットグレーでパールネビュラレッドと2色ラインナップする
欧州のポップ(左)と1969年の国内のカタログ。文字デザインやヘルメットを被ったダックスフントのロゴが継承されている
欧州のポップ(左)と1969年の国内のカタログ。文字デザインやヘルメットを被ったダックスフントのロゴが継承されている

次ページは : IMU制御のABSに最新の足まわりで走りも十分楽しめそう

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します