後輪駆動のベビーランボの最新仕様!「ランボルギーニ ウラカン テクニカ」日本上陸へ


 ピュアエンジンの新型車投入最終年となることを公表しているランボルギーニだが、その第1弾となるランボルギーニのV10搭載車、「ウラカン」の最新モデル「ウラカン テクニカ」が4月22日、日本初披露された。

 自然吸気のV10エンジンを搭載した後輪駆動車である「テクニカ」は、いったいどんなベビーランボなのか、その特徴を紹介しよう。

文・写真/大音安弘

【画像ギャラリー】伝統的なファイティング「ランボルギーニ ウラカン テクニカ」のすべて!(7枚)画像ギャラリー

■最新技術による磨き上げを示す「テクニカ」の名

 ランボルギーニ・ジャパンは2022年4月22日、東京・六本木にある「ザ ランボルギーニ スタジオ 東京」にて、V10ミドシップスポーツ「ウラカン」の最新モデル「ウラカン テクニカ」を日本初披露した。

ランボルギーニ ウラカン テクニカのプレスイベントに登壇した ランボルギーニ・ジャパンのダビデ・スフレコラ ブランドディレクター

 最新モデルとなる「テクニカ」は、後輪駆動のウラカンのアップデートモデル。アウトモビリ・ランボルギーニは、同車を公道とサーキットの両方でのドライビングの楽しさや理想のライフスタイルを追求するドライバーに向け、開発した次世代の後輪駆動V10モデルと紹介する。

 これまでのウラカンシリーズのなかでは、サーキット指向のSTOとストリート性能を重視したEVO RWDの中間に位置するオールマイティな存在であり、ウラカンシリーズを完成させる存在だという。

 4WDモデルも用意されるウラカンのなかで、RWDモデルを完成形と位置付けるところに、ウラカンが操る魅力にあふれたスーパーカーであることを感じさせる。

■よりアグレッシブとなったエアロダイナミクス

 専用となるエクステリアは、空力効率と軽量化技術による性能の追求を図りながら、よりアグレッシブに進化。特徴となるブラックのY字デザインが特徴的なフロントバンパーは、ウラカンシリーズ初となるエアロカーテンを組み込んだもの。

 さらに、フロントスプリッターには、細いオープンスラットを備え、タイヤへと空気を流すことで、ダウンフォースと冷却の向上を図っているという。

 デザインアクセントとして、フロントガラスのベース部をブラック化しており、フロントカーボンボンネットの存在を意識させ、さらなる軽量化を図ったことも主張する。

最新ランボルギーニのアイコンであるY字デザインを取り入れた新バンパーは、より刺激的なエクステリアの構築にひと役買う

 リアスタイルも機能性の向上を考慮した改良が図られており、新デザインの固定式リアウイングを採用することで、後方の視認性も改善。この固定式リアウイングは、EVO RWDと比較して、リアダウンフォースが35%増加させ、逆にドラックで20%の低減を実現させているという。

 軽量なカーボンファイバー製エンジンフードもデザインを一新した。さらにリアバンパーも新デザインのもので、STO同様に、高い位置に六角形デザインのエキゾーストパイプが配置され、V10エンジンの存在を強調している。

固定式ウイングは、空力特性だけでなく、後方視界の改善にも役に立つ

■高性能モデルSTO譲りのV10エンジン

 フィナーレが近づいている自然吸気のV10エンジンも最強スペックのものを与えた。同じRWDである「EVO RWD」では、あえて4WDの「EVO」よりもスペックダウンされたエンジンが搭載されていたが、ウラカンの完成形を謳う「テクニカ」では、同じRWDでも、サーキット指向の「STO」と同じスペックが与えられているのが特徴だ。

 5.2L、V10のスペックは最高出力640ps/8000rpm、最大トルク565Nm/6500rpmを発揮。これにより最高速度は325km/hに達し、0-100km加速が3.2秒。0-200km/hの到達にも、9.1秒しかかからない。その強力な加速力を示すように、パワーウェイトレシオは2.15kg/psに過ぎないのだ。

自然吸気の5.2LV10エンジンを搭載。トランスミッションは、7速DCTを組み合わせる

 公道とサーキットともに最高のパフォーマンスを発揮させるための秘密兵器が車両統合システム「LDVI(ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インタグラータ)」だ。テクニカ専用に変更された「P-TCS」やトルクベクタリング機能付きのリアホイールステアリング、特別仕様のサスペンションなどを、ドライバーの選んだモードに合わせ、制御を最適化することで、いかなるシーンでもV10エンジンを楽しめるオールラウンドなキャラクターを実現。

 もちろん、安全性と的確な操作に重要となるブレーキシステムも、冷却性を高める改良が施され、安定したブレーキ性能とブレーキパッドの消耗低減を図っている。

次ページは : ■レーシーな香り漂うコックピット

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ