50周年&復活記念! 誰が何と言おうと!! スーパーカーといえばランボルギーニ カウンタック一択!!! なのだ!!!!

50周年&復活記念!! 誰が何と言おうと!! スーパーカーといえばランボルギーニ カウンタックなのだあああ!!!

 リアルタイムでカウンタックを知らずとも、誰だって、このカタチを見ればすべてを理解できるハズ。「コイツはタダモノではない!」と。

 フェラーリやポルシェと比較する必要もない! カウンタックは唯一絶対なのだから! 自動車評論家 清水草一氏 ほか諸氏をお迎えしお送りする渾身企画、とくとご覧あれ!

※本稿は2021年9月のものです
文/清水草一、高桑秀典、関口英俊、榎本 修、福田博之、写真/清水草一、高桑秀典、Lamborghini、ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年10月26日号

【画像ギャラリー】スーパーカーの代名詞!! ランボルギーニ カウンタックの歴史と魅力をギャラリーでチェック!(20枚)画像ギャラリー

■圧倒的……! 思わずざわつく圧倒的存在感!!

突き刺さりそうな楔形のシルエットと徹底的に低いこのスタイル。乗るというより「寝る」という感じだ

 ランボルギーニ・カウンタック。その名を聞いて、あなたは何を思い浮かべるだろう。

 世界を代表するスポーツカーと言えば、フェラーリとポルシェだ。異論はあるまい。しかしカウンタックは、その頭上はるか彼方にいるような気がしないか!?

 それはつまり、「ほとんど空想に近い現実」という意味で。フェラーリやポルシェは一応「モノ」だが、カウンタックはそれを超えた、「バカバカしいほどとんでもない」という、一種の概念なのである!

高々と上がったシザードア。この説得力! もう言葉はいらない

 そこには、ランボルギーニという社名すら必要ない。ただ「カウンタック」と言うだけで、超絶。スーパーカーという言葉は、カウンタックのためにある!

 そのカウンタックが生誕50周年を迎え、新型も登場した。正直、新型などまったくどうでもいいが、とにかくめでたい限りである。

 今回はカウンタック祭りだ! その凄さをもう一度再確認しようぜえっ!

■全力立証!! カウンタックこそ、乗り物の王様ナリ!

ランボルギーニ・カウンタックLP400。地上を速く走って多くの獲物を得るのが、人類誕生以来最大の課題であり夢だった。カウンタックのカタチはその結晶! そのうえで、それを超えた何かを予感させる。それは人類が脳内で創造した超越的存在、神だ!

 カウンタックに乗っていると、不思議な感覚に襲われる。それは、自分が世界の頂点に立ったような無敵感である。

 今、自分が乗っているカウンタックは、この世に存在するあらゆる乗り物のなかで、最もカッコいいのではないか? そう思うと、笑っちゃうような高揚感がこみあげてくる。

 カウンタックは、あらゆるクルマのなかで一番カッコいい。ほかの自動車は相手にならない。チビッコはブルドーザーなどの重機が大好きだが、カウンタックのスタイルは、それらをも凌駕して、チビッコに大ウケする。

 そしてカウンタックは、新幹線よりも、リニアモーターカーよりもカッコいい。鉄道というものは、どんなにカッコよくてもヘビやイモムシのように長細い。つまり、カウンタックは地上の帝王である。

 いや、そのカッコよさは地上にとどまらない。世界中のあらゆる船や潜水艦よりもカッコいいだろう。軍艦はかなりカッコいいが、人類のほとんどが住む陸地には上がれない。海に出たら周囲は魚しかいない。それでは自慢する相手が少なすぎる。

 空に目を移しても、カウンタックは無敵だ。旅客機? あれはバスみたいなものだ。カウンタックの敵は戦闘機だけである。

 いや、確かに戦闘機はカッコいい。しかしカウンタックも、ドアを開ければ負けてはいない。見るからに空を飛びそうだ。まさに飛翔感である。戦闘機も飛んでいる時はカッコいいが、地上に降りると動きが鈍そうで、コーナーも速く曲がれない。カウンタックの勝利である。

 最後の相手は宇宙ロケットだ。コイツは手強い。なにしろ宇宙まで飛んで行くのだ。男の子の究極の夢である。

 しかし客観的に眺めれば、宇宙ロケットはただの筒ではないだろうか? それが火を噴いて宇宙に向けて飛んで行くと思うからカッコいいが、そのままではコケシ。しかしカウンタックは違う。走っていなくても猛烈にカッコいい。何度も言うが、ドアを開ければ無敵なのだ。

 そして、カウンタックのカッコよさ最大のポイントは、個人で所有できる点にある。どんなにカッコよくても、ひとり占めできなければどこか寂しい。カウンタックはそれが可能! カウンタックに乗れば誰でも、松田優作のように高笑いせずにいられない!

次ページは : ■全力回顧!! カウンタック半世紀の歩み

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ