ランボルギーニ ウラカンSTOが日本上陸!! まさにファイティングブル!


 ランボルギーニのGTレース活動のノウハウを凝縮した究極のストリートマシン「ランボルギーニ ウラカンSTOが日本上陸を果たした。

 その姿は、まさにレーシングカーそのものだが、現状のままナンバー取得が可能なロードカーだ。ストリートからサーキットまで幅広い守備範囲とする新たなファイティングブルの詳細をお届けしよう。

文/大音安弘、写真/アウトモビリ・ランボルギーニ

【画像ギャラリー】ストリートからサーキットまでが守備範囲!ランボルギーニ ウラカンSTO


モータースポーツから生まれた好戦的なロードカー

 アウトモビリ・ランボルギーニは、2020年11月19日、ランボルギーニの中核的モデルである「ウラカン」の新モデル「ウラカンSTO」を発表した。同車は、カタログモデルであり、日本での価格は、4125万円となる。

 ウカランSTOは、ランボルギーニのGTレース活動で培われた技術をフィードバックし、趣味性を高めたロードカーだ。

 その原点は、ワンメイクレースに使用されるウラカン Super Trofeo Evo(スーパー トフェオ エボ)とデイトナ24時間レース3連覇とセブリング12時間レースの2連覇に輝いたウラカンGT3 EVOの2台にある。

新たなウカラン ファミリーとなった「STO」。サーキット走行までカバーするスーパースポーツだ

サーキットを前提とした戦うエクステリア

 レーシーなカラーリングと専用のエアロパーツを纏った好戦的なエクステリアは、ボディパネル全体の75%をカーボンファイバー製とするなど徹底した軽量化が図られている。

 フロントマスクは、「コファンゴ」と名付けた一体構造のパネルとなり、フェンダーの端部から前に起こすことが出来る。これは軽量化に加え、サーキット走行時の整備性のよさなども考慮した設計だ。

フロントセクションは、一体式で前方にヒンジが備わる。軽量化など実用面の目的もあるが、名車ミウラなどのオマージュでもある

 個性的なのは、リヤセクションも同様。エンジンフードは、軽量なカーボン製で、上面にエンジン冷却用のダクトが備わるが、その中央には目を引くシャークフィンが備わる。

 好戦的なSTOの良きアクセントとなっているが、これはリヤスポイラーへの気流を整える役目を持つ。テールエンドの固定式リヤスポイラーは、手動での3段の切換が行え、ダウンフォースの調整が可能となる。

シャークフィンとダクトの組み合わせがサメを彷彿させる。もちろんデザイン性だけを指揮したものではなく、走行性能を高める実用アイテムだ

次ページは : 足元には、ポテンザが……

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ