丑年記念!!! クルマで「牛」といえば…「猛牛」超高級スポーツ ランボルギーニ 叛逆の系譜

イタリアの「猛牛」超高級メーカー ランボルギーニの系譜を紐解く

 第二次大戦後、イタリア人フェルッチオ・ランボルギーニによって創始された超高級スポーツカーメーカー ランボルギーニ。

 1999年にフォルクスワーゲンの傘下に入っても、環境規制が厳しくなる現状下にあっても、その個性と魅力は揺らぐことがない。

 本企画では、ウルス、ウラカン、アヴェンタドールといった現行車たちの紹介を中心に、ランボルギーニの色褪せぬ魅力とその系譜を辿る。

●牛にまつわるランボの車名とその意味
・イスレロ…1940年代の闘牛の名前
・ディアブロ…19世紀の闘牛の名前
・ムルシエラゴ…19世紀の闘牛の名前
・ウラカン…19世紀の闘牛の名前
・アヴェンタドール…1990年代の闘牛の名前
・ミウラ…闘牛牧場の名前
・ガヤルド…闘牛飼育家の名前
・エスパーダ…剣(闘牛で使用)
・ウラッコ…小さな雄牛
・ウルス…野生の牛
 ランボルギーニのロゴには牛があしらわれているが、車名にも牛、特に闘牛をモチーフにした車名が多く使われている。フェラーリの「馬」に対抗して、はたまたフェルッチオの星座 おうし座に由来するなど諸説ある。

※本稿は2021年1月のものです
文/プリウス武井、ベストカー編集部 写真/Lamborghini、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2021年2月10日号

【画像ギャラリー】ミウラ カウンタック ウラカン ウルス…“猛牛”の系譜をギャラリーでチェック!!!


■スーパーカーSUVで大人気! URUS(ウルス)

 2012年に中国の北京モーターショーでベースとなるSUVのコンセプトカーが公開され、2017年に発表、2018年から販売を開始(日本も同年)。

全長5112×全幅2016×全高1638mmで車重は2200kgというヘビー級SUV。誰が見てもランボとわかるシャープなデザインも魅力的

 クーペSUVブームだが、ウルスはスーパーカーSUVと呼ぶにふさわしいランボらしいエクステリアが与えられている。

 ランボルギーニがアウディ傘下ということで、プラットフォームはアウディQ7、ポルシェカイエン、ベントレーベンテイガなどと共用。

インテリアはほかのウラカンなどのスポーツモデルとは一線を画すゴージャスさで快適性が重視されている

 4L、V8ツインターボは650ps/86.7kgmで、最高速は305km/h、0~100km/hは3.6秒!

 自慢の4WDにより、オフロードで高い走破力を持ち、見た目とのギャップがウルスの魅力でもある。

4WDは6パターンの走行モードがあり、見た目とは裏腹にオフロードの走破性は高い。このギャップが〇

 デビュー後2年で1万台を突破した歴代ランボで最も成功したモデルとなっている。

クーペSUVがトレンドとなっているが、ここまでのクーペフォルムはほかにない存在感

■進化を続けるV10ピッコロランボ HURACAN(ウラカン)

 ウラカンはミドシップランボルギーニとして最も売れたガヤルドの後継モデルとして2014年から日本でも販売開始し、人気が高い。

全長4520×全幅1935×全高1165mmで、ガヤルドよりもワイド&ロング。エッジと曲面が絶妙なハーモニーを奏でるデザインは秀逸

 全長4520×全幅1935×全高1165mmのボディサイズはガヤルドより若干ワイドで長い程度。

 2019年からウラカンはEVO(エボ)に進化し、今や貴重となったV10エンジンは5.2L、640ps/61.2kgmで、最高速325km/h、0~100km/hは2.9秒(公表値)をマークする。

スパイダーモデルの人気も高い。クーペよりもウェッジシェイプが強調されている

 4WDのほか、後輪駆動のRWDも設定されている。

 昨年末には、サーキットスペシャルとも言うべき軽量化されて独自チューニングを施したSTOを発表。

 ガヤルド同様にクーペとスパイダーをラインナップしていて、日本での価格は、クーペが2653万~4125万円、スパイダーが2919万~3611万円。

4WDに加えてリア駆動のRWDもラインナップ
サーキットスペシャルのSTOは2020年末に発売を開始。アクセントカラーも心くすぐる

次ページは : ■伝統のV12搭載のフラッグシップ AVENTADOR S(アヴェンタドール)