レクサス新型RXジャパンプレミア!! これが新世代レクサスからの回答だ!


 2022年6月1日、レクサスはラグジュアリーSUV「RX」の新型モデルを発表した。今回はジャパンプレミアとなり、日本での発売は2022年の秋頃となるようだ。

 パワートレーンのバリエーションを充実させ、新しい四輪駆動力システム「DIRECT4」の搭載などによって走りの魅力をさらに引き上げたほか、レクサスの粋(すい)を集めた最新技術と最新のデザインをまとい、珠玉の一台となって登場した新型RX。

 今回、発表に先立って開催された事前説明会に参加させていただくことができた。明らかとなった新型レクサスRXの全貌をご紹介しよう。

文:吉川賢一
写真:西尾タクト、LEXUS

【画像ギャラリー】これが次世代のレクサスだ!! ついに正式発表となったレクサス新型RXの内外装を写真で詳しく!! (45枚)画像ギャラリー

■さらに威風堂々とした佇まいに!!

 1998年に北米市場向けのラグジュアリーSUVとして誕生したレクサスRX。ご存じのとおり、(デビュー当時の)日本名はトヨタ「ハリアー」(現在はRXとハリアーは別モデル)だ。2022年4月末時点で、約95の国と地域で累計約350万台を販売しており、レクサスのグローバル販売を引き上げてきた立役者である。

 レクサスは2030年までに、すべてのカテゴリーでバッテリーEV(以下BEV)のラインナップを実現し、2035年にはグローバルでBEV100%のブランドを目指している。

 つまり、あと13年でハイブリッドすら完全消滅する、ということになるが、5代目となる新型RXには、多様なパワートレーンを用意(詳しくは後述)。

 ボディサイズは、全長4890(±0)×全幅1920(+25)×全高1695(-10)mm、ホイールベースは2850(+60)mmだ(カッコ内は先代比)。全長は維持したまま、ホイールベースを伸ばし、全幅は1.9mを超えるサイズへ拡幅、大径タイヤ(19インチ、21インチ)でバチッと決まっている。

 全体的なプロポーションは従来型RXとほぼ同等だが、レクサスのSUVラインナップのなかでは、LXに次ぐサイズを持つSUVとして、威風堂々とした佇まいだ。ちなみに4代目にあった3列シート仕様は、今作では廃止となっている。

■先代から大きく変えずに、細かな部分を改良

 新型RXは従来型RXと比べて、細やかな部分でディテールを改良し、低重心で踏ん張り感のあるスタイルとなった。

 サイドビューでは、リアタイヤを後方に60mm動かすのと同時に、Aピラー付け根も後退させており、ロングノーズなデザインへと改良されている。キャラクターラインもリアドアの部分でループを描くような独特な陰影がついており、Cピラー付近では複雑な凹凸を与えたことで、見る角度によっては、クーペルックなスタイルになるようデザインしたそうだ。

 また、ノーズ先端を先代よりも持ち上げたことで、運転席から鼻先が見渡せるようになり、ボディの見切りを改善。フロントのスピンドルボディも、細やかなフィン形状が新しく、塊感のあるフロントセクションに見える。

 フロントバンパーの両側には、走行風をフロントタイヤ横へ流してドラッグ低減をするエアダクトが設けられており、ブラックステンレスのウィンドウモールや、21インチ専用アルミホイールなど都会派クーペSUVの王道路線で進化させてきた。

 ボディカラーは、金属的な質感を表現した新色のソニックカッパーや、ソニックイリジウム、テレーンカーキなど、全11色の展開だ。

■インテリアには、操る楽しみを味わえる工夫が各所に

 インテリアでは、レクサス車が共通して目指す、人間中心の「Tazuna Concept」のもと、クルマとドライバーがより深く直感的につながり、操る楽しみを味わえる作り込みがなされている。

 ドライバー席から周囲が見渡せるよう、視界に入り込むパーツは極力なくすようレイアウトされているほか、14インチのタッチ式大型センターディスプレイは、クルマのあらゆる情報をコントロール。エアコンコントローラーとボリュームコントローラーがダイヤル式で残されている点はポイントが高い。

 掛け心地のいい運転席シートは、表皮はやや硬めだが、しっかり感がある。身体のサポート性はいいので、長時間乗っていても疲れにくいであろう。後席スペースも先代よりも60mm伸びたホイールベースのおかげで、後席膝前のスペースは明確に改善しており、広々としたくつろぎ空間に。前後席ともにカップルディスタンスを従来比で12mm拡大し、さらにはフロントシートバックを薄型化したことも効果があるのだろう。

 ちなみにラゲッジスペースは、バックドアトリムの薄型化やローディングハイトの30mm低減によって、荷室長は50mmも拡大。スーツケース(77L/63L)を各2個計4個、もしくは9.5インチのゴルフバッグを 4個、収納が可能だ。

 インテリアカラーは、合計6種類が設定されており、新規開発色「ダークセピア」をはじめ、「ブラックヘリンボーンパターンフィルム」や、「ミディアムブラウンバンブー」などの新色を新たに開発。マルチカラーイルミネーションと合わせて、合計10以上の色味を選ぶことができる。

次ページは : ■4種用意されたパワートレーンのトップグレードには後輪操舵までも