ニュルBMW量産車最速ラップを記録した限定車! BMW M4 CSLが購入者を募集中!!

ニュルBMW量産車最速ラップを記録した限定車! BMW M4 CSLが購入者を募集中!!

 BMWの高性能モデル、Mシリーズのミッドサイズクーペ「M4」の史上最強モデルとなる「M4 CSL」が登場した。この限定車は、高性能スポーツモデルであるM4をベースに、軽量化と性能向上を加えたモデルで、なんとニュルブルクリンク北コースで、BMW量産車最速ラップを叩き出した驚異の実力の持ち主である。

 BMW M社設立50周年を飾る史上最強のMロードカーとなる「M4 CSL」の詳細についてお伝えしよう。

文/大音安弘、写真/BMW

【画像ギャラリー】史上最速のMこと「BMW M4 CSL」のすべて!!(15枚)画像ギャラリー

■史上最速のMモデルが日本上陸へ

 BMWは2022年9月2日、BMW量産車最速となる限定車「M4 CSL」の日本導入を発表した。日本での販売台数は25台のみとなり、価格は2196万円となる。

史上最強のM、M4CSLが日本に25台限定で上陸することが決定
史上最強のM、M4CSLが日本に25台限定で上陸することが決定

 BMW M社設立50周年となる今年の目玉車が、この「M4 CSL」であり、世界で1000台のみが生産されるコレクターズアイテムともいえるモデルだが、サーキット走行を存分に楽しんでもらうべく、BMW M社が腕を振るい、史上最速のMロードカーに仕立てられている。

■徹底的な軽量化で100kgもの減量を実現

 ベースとなったのは、M4のなかでも、高性能仕様となるカタログモデル「M4コンペティション」の後輪駆動車で、コンペティションモデルである「M4 GT3」の兄弟車に位置付けられた。まさに公道走行可能なサーキットマシンである。

 CSLの名は、「コンペティション(競技)、スポーツ、ライトウェイト」の頭文字に由来するものであり、サーキットで速く走ることを重視したモデルであることを意味する。そのためには、運動性能と耐久性を高める効果がある軽量化も重要なファクターとなるわけだ。

トータルで100㎏もの軽量化を実現するために、キドニーグリルなど細部まで軽量化が図られている
トータルで100㎏もの軽量化を実現するために、キドニーグリルなど細部まで軽量化が図られている

 そこでM4 CSLでは、合計100㎏にも及ぶ大胆な軽量化を実施している。具体的にはボンネット、ルーフパネル、トランクリッドなどの大型外装部品をCFRP(炭素繊維強化プラスチック)に変更。

 キャビンでは、シートをフロント2座のみとし、リアシートは完全に撤去。さらに軽量なだけでなく、サーキット走行でのドライバーをサポートするCFRP製フルバケットシートを装着し、防音材の削減や超軽量遮音材の変更まで行っている。

次ページは : ■サーキットに特化させたストレート6

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します