ニュルBMW量産車最速ラップを記録した限定車! BMW M4 CSLが購入者を募集中!!

■サーキットに特化させたストレート6

 専用化された3L直列6気筒ツインターボエンジンは、M4 GT3レーシングカーに搭載される高回転型ユニットがベースになっている。チューニングの最大のポイントは、最大過給圧を1.7barから2.1barに高めたこと。

 もちろん、信頼性はしっかりと担保している。これによりエンジンスペックは最高出力550ps/6250rpm、最大トルク650Nm/2750~5950rpmに向上。もちろん、冷却系と給油系もサーキット走行対応すべく設計されており、電動フラップ付きツインテールパイプ・エキゾースト・システムと軽量化されたチタニウム製リア・サイレンサーは、M4CSLのために特別にチューニングされており、レーシングカー風の魅力的なサウンドを奏でるという。

レース由来の専用チューンドストレート6を搭載。エンジンルーム内のブレースもボディ剛性向上のために専用設計のものだ
レース由来の専用チューンドストレート6を搭載。エンジンルーム内のブレースもボディ剛性向上のために専用設計のものだ

 軽量化とエンジン性能向上の恩恵は、2.95㎏/psという卓越したパワーウェイトレシオに反映されており、0-100km/加速は、3.7秒まで短縮。最高速度も307km/hでリミッターが設定されている。

 もちろん、各部の性能強化や専用チューニングが加えられていることはいうまでもなく、それらの努力の結果が、市販車開発の舞台や最速記録樹立のリングとなっているドイツのニュルブルクリンク北コースで、BMW量産車最速となる7分20秒207という記録に結びついている。

BMW量産車最速マシンのコクピット。一見、ほかのM4と共通性が高いものに映るが、センターコンソールをCFRP製に変更するなど、しっかりと軽量化されている
BMW量産車最速マシンのコクピット。一見、ほかのM4と共通性が高いものに映るが、センターコンソールをCFRP製に変更するなど、しっかりと軽量化されている

■オーナー候補を絶賛募集中!

 世界限定車であるBMW M4 CSLは、世界総生産台数1000台のうち、25台が日本に割り当てられた。日本でのBMWとMモデルの人気を鑑みると、ちょっと少ない気もするが、導入が決定したことだけでも歓迎すべきだろう。

 注文受付はBMWオンラインストア限定となり、購入希望者は、2022年9月26日午後11時59分までに、オンライン上での申し込み作業を完了する必要がある。ただし、あわてる必要はなく、期限までに集まった購入希望者が、限定数を上回った場合は、厳正な抽選でオーナーが決定される。納車開始は本年第四四半期以降となる見込みだという。

 詳細な装備内容などは不明だが、ボディカラーは、専用色のフローズンブルックリングレーメタリックを用意。本国の情報によれば、アルピンホワイトとサファイアブラックメタリックも選択できるようだ。

 スタンダードなM4クーペの約1.7倍、ベースのM4コンペティションの820万円高というプライスは、誰にでも手が出せるものではないが、本気でサーキットを楽しみたいBMWファンには、これほど魅力的なマシンもないだろう。購入費が用意できる人は、ぜひ応募をお忘れなく……。

これほどピュアでスパルタンなMモデルが購入できる機会は、今後もあるのだろうか……。
これほどピュアでスパルタンなMモデルが購入できる機会は、今後もあるのだろうか……。
【画像ギャラリー】史上最速のMこと「BMW M4 CSL」のすべて!!(15枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!