価格高騰に負けるな!  最も身近なBMWとなる116iが新登場!!


 原材料費や原油価格の高騰、円安などの事情により輸入車の価格は、上昇の一途。度重なる価格改定の結果、発売時より車両価格が100万円以上も高価となったクルマさえ出現するほどだ。このまま輸入車は、再び庶民には、手の届かない存在になってしまうのではという不安も生じる。

 そんななか、BMWがブランドエントリーとなる新モデルを発表。なんと400万円切りを実現させた最廉価となる1シリーズハッチバックを投入したのだ。BMW最廉価となる新グレード116iの仕様や投入の狙いに迫った。

文/大音安弘、写真/BMW

【画像ギャラリー】1シリーズの新エントリーグレード「116i」のすべて(8枚)画像ギャラリー

■BMW最安値となる400万円切りの新モデル

 BMWは2022年9月14日、コンパクトハッチバックの1シリーズの新たなエントリーグレードとなる「116i」の追加を発表した。価格は398万円だ。

 新グレード「116i」は、1.5L直列3気筒DOHCターボエンジンと7速DCTを搭載する前輪駆動車だ。同じ1.5Lエンジン車である「118i」のデチューン仕様であり、最高出力109ps(80kW)/4300rpm、最大トルク190Nm/1380~3800rpmを発揮する。燃費消費率は118iよりも優秀で、14.3km/Lの低燃費を誇る。

最新BMWのブランドエントリーとして初の400万円切りとなる新モデル「116i」が登場

■廉価仕様といえど装備に抜かりなし

 116iの魅力は単に価格を抑えただけではない。装備についても厳選し、人気アイテムもしっかりと押さえている。具体的には、専用の17インチホイールとスポーツシートを装備することで、BMWらしいスポーティさを演出。

 時代の必須アイテムといえる先進機能では、ACCを含むドライビングアシスト、LEDヘッドライト、BMWライブコックピット、ワイヤレスチャージャーなどの1シリーズ標準アイテムをしっかりと受け継ぐ。

 さらに特別仕様として、BMWインディビジュアルのサテンアルミエクステリアやアンソラジットルーフランニングをインテリアのアクセントとして取り入れ、高速移動の必須アイテムであるITSスポット対応DSRC車載器(ETC機能付)も標準装備としている。

スポーティな演出と必要な装備をしっかりと押さえているのも116iの魅力だ

 ボディカラーは、人気の「アルピンホワイト」に加え、有償色となる「ブラックサファイア」と「スカイスクレイパーグレイ」の計3色から選択することができる。購入希望は、BMWオンラインストアのみの受付となり、40台が限定販売されるという。

■サンキュッパのBMW誕生の理由は!?

 最新BMWフルラインアップのなかで初となる400万円切りのモデル誕生の背景を探るべく、BMW広報部に問い合わせた。新グレード「116i」は、BMWにかぎらず車両価格が高騰しているなかで、400万円を切るBMWを提供したいとの思いから企画したものだという。

 確かに、「116i」の上位に位置する「118i Play」の417万円よりも19万円も安くしながら、標準装備を厳選し、さらにユーザーが望むアイテムを備えているので、ブランドエントリーモデルとしての満足度は高いはずだ。

価格高騰のなか、お買い得仕様車の登場は嬉しいニュースといえよう

 オンラインストアのみでの販売とした理由は、エントリーモデルという商品性を考慮し、今までBMWディーラーと繋がりのない方の購入を想定し、コンタクトしやすいようにとの配慮とのこと。新たなファン獲得への期待を込めた一台でもあるのだ。

 限定数は40台のみとなっており、現在の世界経済状況を鑑みれば、よりお得なモデルが登場する可能性は当面難しいだろう。この機会に、BMWデビューしてみるのもいいだろう。ただし、40台限定となるので、決断はお早めに……。

【画像ギャラリー】1シリーズの新エントリーグレード「116i」のすべて(8枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ