トヨタのBEV「真打」登場へ!! 日本市場最適モデル bZコンパクトSUVコンセプト爆誕

トヨタのBEV「真打」登場へ!! 日本市場最適モデル bZコンパクトSUVコンセプト爆誕

 トヨタが突如としてバッテリーEVのコンセプトカーを発表した。しかも日本市場に嬉しいコンパクトサイズ!! 「bZ」ブランドを冠するそのSUVは見るからに売れそうな予感がタップリ。

 現状分かっている情報を含めてお伝えしよう!!

文:ベストカーWeb編集部/写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】日本市場導入熱望!! 使い勝手最高でしょこれ!! bZシリーズ最新コンセプト一挙公開(6枚)画像ギャラリー

■bZシリーズをよりコンパクトに使いやすく

エッジの効いたドアのプレスライン。膨らんだフェンダーなど非常にスタイリッシュなモデルだ
エッジの効いたドアのプレスライン。膨らんだフェンダーなど非常にスタイリッシュなモデルだ

 トヨタがバッテリーEV(BEV)のコンセプトカー「TOYOTA bZ Compact SUV Concept」を、2022年11月19日から開催のアメリカのロサンゼルスオートショーで初披露する。

 トヨタのBEVブランドである「bZ」から登場するとみられるモデルで、すでに発売中のbZ4Xと同じラインナップだ。

 プレスリリースによればbZシリーズのなかでも日常で扱いやすいモデルという発表をしており、ボディサイズなどを含めてコンパクトなSUVとなりそう。bZ4Xの全長 4690 mm x 全幅 1860 mm x 全高 1650 mmというボディサイズからはコンパクトになるようだ。

リアデザインはルーフ後端のウィング処理などかなりアグレッシブ。いまのトヨタならこのまま出してきそうだが……
リアデザインはルーフ後端のウィング処理などかなりアグレッシブ。いまのトヨタならこのまま出してきそうだが……

■躍動感あふれるデザインでミドルクラスSUV市場に切り込む!?

ホイールが大きいが四隅のタイヤを配置することで伸びやかな印象。車室空間の保持にも一役買っているか
ホイールが大きいが四隅のタイヤを配置することで伸びやかな印象。車室空間の保持にも一役買っているか

 「TOYOTA bZ Compact SUV Concept」の外観を見ているとホイールを四隅に配置することで、止まっていてもどことなく躍動感を感じるダイナミックなスタイリングだ。

 ボディ下部に向かってギュッと裾を絞り込むようなデザインは独創的で、エッジを効かせたボディラインは若い世代にも評価を受けそうだ。ライトも新型プリウスのようなブーメラン型の意匠で、新世代のトヨタを印象付ける存在となりそう。

 インテリアはコンセプトカー然としているものの、四角いステアリングホイールや大型ディスプレイなど違和感なく使える現実味のある設計だ。インテリアには、植物由来のリサイクル素材を使用したシートなど、環境に配慮したデザインが盛り込まれているという。

 詳細なスペックなど更なる情報は、2023年以降に発表予定だ。

大型ディスプレイとHUDを備えるインパネ。bZ4Xよりももっと未来的だ
大型ディスプレイとHUDを備えるインパネ。bZ4Xよりももっと未来的だ

次ページは : ■BEVにだって本気のトヨタを見るべし

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!