VW ポロGTIがマイナーチェンジで性能と装備をアップデート!!

VW ポロGTIがマイナーチェンジで性能と装備をアップデート!!

 フォルクスワーゲン(VW)のホットハッチ「GTI」シリーズの弟分であるポロGTIが、ポロに続き、マイナーチェンジを受けた。標準車同様に、フェイスリフトを含むエクステリアの変更に加え、機能もアップデートされた。無論、VWの高性能車として名を馳せたGTIブラザーズの一員だけに、性能の磨き上げにも抜かりはない。マイチェンを受けたポロGTIの進化のポイントを解説する。

文/大音安弘、写真/フォルクスワーゲン グループ ジャパン

【画像ギャラリー】マイチェンで何か変わった!? VW新型ポロGTIの特徴を確認しよう!(14枚)画像ギャラリー

■全方位で進化を果たしたニューポロGTI

 フォルクスワーゲングループジャパンは2022年11月21日、コンパクトハッチバック「ポロ」の高性能モデル「GTI」のマイナーチェンジを発表し、同日より販売を開始した。新価格は、411万3000円だ。

 新ポロGTIは2022年6月に先行して、マイナーチェンジを受けた新型ポロをベースとしたもので、エクステリアの刷新に加え、上位モデルより受け継いだ先進安全運転支援機能の搭載などが行われた。もちろん、GTIを名乗るだけに性能面でもアップデートが図られている。

■フェイスリフトでゴルフGTI譲りのフロントマスクに……

 エクステリアでは、先進的デザインとより鮮明な視界を提供する「IQ.LIGHT」を標準搭載し、ヘッドライトとフロントグリルを一直線で結ぶLEDライトによる新たなシグネチャーが追加された。

 GTIグリルとの組み合わせで、よりスポーティな顔立ちとなっているが、さらに注意を引くのはフロントバンパーだ。ロアグリルが、ゴルフVIIIGTIと同様のハニカムメッシュデザインとなり、兄貴分のGTIとの親和性も高まっているのは、GTIファンには嬉しいニュースだ。

ゴルフⅧGTIとの親和性の高いハニカムグリルデザインを採用し、より力強いスタイルになった
ゴルフⅧGTIとの親和性の高いハニカムグリルデザインを採用し、より力強いスタイルになった

 リアスタイルでは、LEDテールランプデザインが一新され、ワイドスタンスを強調。GTIエンブレムも、控えめなサイド配置から中央配置へと変更し、特別感をアピールする。

 全体的な迫力は増しているが、ボディサイズは全長4085×全幅1750×全高1430mmと、従来型との比較で全幅が+10mm、全高が-10mmと変化しているが、ほぼ同等といっていい範囲だ。

テールランプの拡大で、迫力を増したリアスタイル。よりワイドとなった印象だが、全幅はしっかりとキープする。
テールランプの拡大で、迫力を増したリアスタイル。よりワイドとなった印象だが、全幅はしっかりとキープする。

次ページは : ■性能を強化したGTIパワーユニット

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!