いやこの新色はぐっときますわ!! 祝20周年マツダ6 商品改良で専用色&特別仕様車登場!!

いやこの新色はぐっときますわ!! 祝20周年マツダ6 商品改良で専用色&特別仕様車登場!!

 2022年12月9日、マツダがフラッグシップモデル「マツダ6」の商品改良を発表した。発売は12月下旬を予定している。初代アテンザ誕生からの20周年を記念して「20th アニバーサリーエディション」特別仕様車、さらに新機種も追加設定。充実の改良内容を見ていこう!

●マツダ マツダ6のここがポイント
・20周年記念の特別仕様車「20th アニバーサリーエディション」を追加。

・新機種「スポーツアピアランス」を追加
・匠塗による特別塗装色第4弾を専用色として設定
・運転支援機能を新たに追加。ワイヤレスApple CarPlayなどを新たに採用
・「SKYACTIV-D 2.2」のエンジン出力(190ps→200ps)、中間トルク向上+2.5kgm


※本稿は2022年12月のものです
文/ベストカー編集部、写真/MAZDA、ベストカー編集部 ほか、撮影/奥隅圭之
初出:『ベストカー』2023年1月10日号

■フラッグシップモデルの20周年にふさわしい新色・特別仕様車

マツダ マツダ6(セダン)。価格帯は296万2300円~473万9900円。深みのある赤色が特徴的な専用色「アーティザンレッドプレミアムメタリック」は光の当たり方で表情が変わる
マツダ マツダ6(セダン)。価格帯は296万2300円~473万9900円。深みのある赤色が特徴的な専用色「アーティザンレッドプレミアムメタリック」は光の当たり方で表情が変わる

 2002年に初代アテンザが誕生してから20年。

 2度のフルモデルチェンジを行い、車名も「マツダ6」に変更されるなどあったが、一貫してクルマ本来の魅力である「走る歓び」を追求してきた。

 そんなマツダ6に2022年12月9日、集大成ともいえる商品改良が行われることが発表された。

 熟成を重ねてきた「SKYACTIV-D 2.2」のエンジン出力・トルク向上を図り、ペダル踏力変更によるコントロール性を向上させた。

特別仕様車は、高級感のあるタンカラーを内装に採用。
特別仕様車は、高級感のあるタンカラーを内装に採用。

 さらにブラックトーンエディションの世界観を進化させた新機種「スポーツアピアランス」も追加する。

 ブラックメタリック塗装の19インチアルミホイールやエクステリアパーツにブラックを採用することで、マツダ6の持つスポーティさをさらに強調している。

 また、20周年を記念した特別仕様車「20‌th アニバーサリーエディション」も追加される。

 ボディカラーには匠塗による特別塗装色第4弾「アーティザンレッドプレミアムメタリック」を専用色として国内初採用。

 ワインのように熟成されたマツダ6にピッタリな深みを感じさせる。

●マツダ マツダ6(XD 20th Anniversary Edition)主要諸元
・全長×全幅×全高:4865×1840×1450mm
・ホイールベース:2830mm
・車両重量:1620kg
・エンジン:2188cc、直4DOHCディーゼル+ターボ
・最高出力:200ps/4000rpm
・最大トルク:45.9kgm/2000rpm
・トランスミッション:6速AT
・WLTCモード燃費:17.8km/L
・価格:438万2400円

【画像ギャラリー】アテンザ/マツダ6 登場20周年記念モデル&新機種&新色をギャラリーでチェック(23枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します