マツダロードスター30周年記念車 国内販売はわずか150台!!! 価格発表&4/5予約開始!!

■世界限定3000台、日本の割り当ては150台だが……

2019年2月に開催されたシカゴショーにて世界初公開された、「ロードスター30周年記念車」について、マツダから正式に予約開始日時と価格が発表された。

ソフトトップのオープンタイプとリトラクタブルハードトップのタイプがそれぞれ発売。大人気&完売必至のモデル

予約開始は4月5日から。購入希望者は専用のウェブサイトで応募する。

このロードスター30周年記念車は世界3,000台の限定とし、国内販売台数は、ソフトトップモデルの「ロードスター」とリトラクタブルハードトップモデルの「ロードスターRF」を合わせて150台を予定(応募者多数の場合は抽選となり、あまりに多いようであれば数十台単位で「枠」を増加することもありえるそう)。

先着順ではないのでご注意されたし(上記サイトで商談予約受付の当選後、店頭での契約が必要となる)。

メーカー希望小売価格は消費税込みで3,682,800円~4,303,800円。
ウェブページでの商談予約受付期間は、ソフトトップモデルが4月5日(金)から4月15日(月)、リトラクタブルハードトップモデルが5月27日(月)から6月10日(月)。

レカロ社製シートやアルカンタラの内装、ブレンボのブレーキキャリパーなど、マツダらしい作り込んだ特別仕様車となる

■「ロードスター30周年記念車」の概要

ベース車
・ ソフトトップモデル「ロードスター」: RS(MT車)
・ リトラクタブルハードトップモデル「ロードスターRF」: RS(MT車)、VS(AT車)

特別装備
・ ボディカラー:レーシングオレンジ
・ RAYS社製鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30)<30TH ANNIVERSARY 刻印入り>
・ “30TH ANNIVERSARY”オーナメント(シリアルナンバー付)
・オレンジをアクセントとしたカラーコーディネート(ブレーキキャリパー、シート、エアコンルーバーベゼル、 ドアトリム、インパネデコレーションパネル、シフトレバー、パーキングブレーキレバー など)
・ RECARO社製シート
・ BILSTEIN社製ダンパー(MT車のみ)
・ Brembo社製フロントブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
・ NISSIN社製リアブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
・ Boseサウンドシステム(AUDIOPILOT™2)+9スピーカー
・ アルカンターラ®をドアトリムやインパネ、シート表皮に採用

価格
・ソフトトップ「ロードスター」(6MT)3,682,800円
・リトラクタブルハードトップ「ロードスターRF」(6MT)4,303,800円
・リトラクタブルハードトップ「ロードスターRF」(6AT)4,260,600円

こちらが1989年に発表発売されたユーノス・ロードスター。平成とともに登場し、時代を駆け抜けた偉大な名車

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ