三菱デリカミニ本日正式発売!! 受注はすでに16,000台!! 絶好調で軽スライドドア界に旋風を巻き起こす!!

三菱デリカミニ本日正式発売!! 受注はすでに16,000台!! 絶好調で軽スライドドア界に旋風を巻き起こす!!

 2023年5月25日、三菱自動車は、新型軽スーパーハイトワゴン「デリカミニ」を全国の系列販売会社を通じて販売開始する。デリカミニは今年1月13日(金)より予約注文受付を開始しており、昨日(5月24日)までに積み上がった受注は約16,000台とのこと。おお、すげえ売れてる!! めでたい!!!!

文/ベストカーWeb編集部、画像/三菱自動車、ベストカーWeb編集部(アイキャッチ写真は4月に開催されたイベント。CM出演する水川あさみさん(写真左)と、三菱自動車営業担当副社長の中村達夫氏(写真右)

■ファミリー向けなのに6割が「4WD」を選ぶ!!

 いま日本車のなかで最も苛烈な販売競争が起こっている「軽スーパーハイトワゴン」。ホンダN-BOX、ダイハツタント、スズキスペーシア、日産ルークスがしのぎを削っているジャンルに、三菱が得意の超個性派モデルを投入した。それがこの「デリカミニ」だ。

2023年5月25日より発売となった三菱デリカミニ。両側スライドドアと広大な室内、4WD仕様には大径タイヤと専用チューンの足回りが装備される。内容も使い勝手が抜群。個性が際立っているぞ
2023年5月25日より発売となった三菱デリカミニ。両側スライドドアと広大な室内、4WD仕様には大径タイヤと専用チューンの足回りが装備される。内容も使い勝手が抜群。個性が際立っているぞ

 どちらかといえばファミリー層、それも奥様向けのニーズを重視したジャンルに、オフロードテイストを持ち込んで「ニーズ」(「こういうのが必要」)ではなく「ウォンツ」(「こういうのが欲しい」)に応えるあたり、おお、三菱、やっと自分の得意分野を思い出したか!! と、思わず肩を叩きたくなる。

 受注開始の2023年1月から4カ月で16,000台ということは月販4000台ペース。(ほぼ新規車種なので)買い替え需要はほとんどない、ということを考えると、三菱にとって久しぶりのヒット車種といえる。

 予約注文のうち、約6割のユーザーが4WDモデルを選んでおり、4WDモデル専用装備となる165/60R15サイズの大径タイヤと専用ショックアブソーバーといった「デリカミニらしさ」を持つ仕様が売れていることがわかる。

 また先行予約の段階では8割以上のユーザーが運転席側後席電動スライドドアや高速道路 同一車線運転支援機能「マイパイロット」など、実質的な上級グレードである「G Premium」「T Premium」を選んでおり、(初期受注はおおむね上級グレードから売れていく傾向が強いものの)「軽ハイトワゴン」という庶民派ファミリー需要中心のカテゴリーであることを考えると、デリカミニの特徴がよく表れているとも言える。

デリカミニ予約受注状況
デリカミニ予約受注状況

 TVCMにも登場した特徴的なぬいぐるみのキャラクターの名前も公募しており、このたび正式名称が「デリ丸。」に決まったことも公表された。今後ぬいぐるみやTシャツなど公式グッズが順次発売されるという。

 6月6日から7月3日まで配信される「デリ丸。」LINEスタンプはこちら。

 両側スライドドアと広大な室内が特徴的な軽スーパーハイトワゴンという売れ筋ジャンルに、「デリカ」という強烈な個性を背景を持ちつつ乗り込んだデリカミニ。売れまくってこの分野で存在感を示してほしいし、早く試乗してみたい!!

【画像ギャラリー】三菱新型デリカミニ本日正式発売!! たしかにこれは…売れる!! 全画像(16枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!