ひょっとして日本にも入る? 激アツのMT特別仕様車「GRカローラサーキットエディション」が北米で復活!!

ひょっとして日本にも入る? 激アツのMT特別仕様車「GRカローラサーキットエディション」が北米で復活!!

 2023年6月21日、トヨタはGRカローラ2024年モデルを北米で発表し、特別仕様車の「サーキットエディション」を復活させた。基本性能がアップさせているが、日本仕様のGRカローラに反映される可能性があるかも?

文/ベストカーWeb編集部、写真/トヨタ

■2024年モデルのサーキットエディションでは内外装をアップデート

北米で復活となったGRカローラサーキットエディション。鮮烈なブルーフレイムのボディカラーとレッドのブレーキキャリパーが印象的なルックスだ
北米で復活となったGRカローラサーキットエディション。鮮烈なブルーフレイムのボディカラーとレッドのブレーキキャリパーが印象的なルックスだ

 北米でのトヨタGR カローラ2024年モデルに特別仕様車、サーキットエディションが設定されるのは2022年9月に発表されて以来の復活となる。ボディカラーには「ブルーフレイム」が新たに用意され、アイスキャップで締めくくられるスタイルに。

 2023年モデルのモリゾウエディションに装備される軽量ホイールと同様に、ブラックの鍛造アルミニウム18インチBBSホイールが標準装備され、刻印された「GR-Four ロゴ」が刻印された黒いサイドロッカーグラフィックが続いていく。

 サーキットエディションには、ベント付きバルジフード、ブレーキダクトを備えたGR スポーツメッシュグロスブラックフロントグリル、角張った LED ヘッドライトがそのまま採用されている。

GRカローラサーキットエディションのインテリア。ブルーストライプの入ったMTシフトノブが個性を主張している
GRカローラサーキットエディションのインテリア。ブルーストライプの入ったMTシフトノブが個性を主張している

 エアロのディテールは背面にも続き、グロスブラックのリアスポイラー、リアロアーディフューザー、トリプルエグゾーストが採用されている。インテリアでは、スエードとブルーのアクセントが付いた合成皮革でトリムされたスポーツシート、ブルーストライプの入ったGRシフトノブ、ブルーのアクセントステッチが入る。

GRのロゴが入ったブルーストライプ仕様の本革巻きシフトノブ<br>
GRのロゴが入ったブルーストライプ仕様の本革巻きシフトノブ

次ページは : ■改良はシャシーやエアロにまで及ぶ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!