【新旧比較で衝撃の結果】新型N-BOXは細かい進化がスゴいのよ!! 先代オーナーがガチ評価

【新旧比較で衝撃の結果】新型N-BOXは細かい進化がスゴいのよ!! 先代オーナーがガチ評価

 2023年10月に登場した3代目ホンダ N-BOX。日本で一番売れているクルマの6年ぶりのモデルチェンジだが、正直「劇的に変わった」とは言いがたい。そこで、パッと見では気付かないN-BOXの進化ポイントを見ていこう!!

※本稿は2023年10月のものです
文/小沢コージ、写真/HONDA、ベストカー編集部、撮影/茂呂幸正
初出:『ベストカー』2023年11月10日号

■よ〜く見てください! N-BOXの進化ポイントを解説

ドット柄のフロントグリルが印象的な標準ボディのデザイン。面の張りなど、上質感は明らかに向上している
ドット柄のフロントグリルが印象的な標準ボディのデザイン。面の張りなど、上質感は明らかに向上している

 今やニッポンで一番売れるN-BOX。オザワも先代2代目を買ったほどで高いクォリティと使い勝手じゃ右に出るものナシ。とはいえ6年ぶりに出る3代目に関しては少々心配していた。

 前情報によると骨格はほぼ変更なし。プラットフォームとエンジンは基本キャリーオーバーで、なにより写真で見るかぎりデザイン的にちとインパクト不足かも?

 ってなわけでドキドキしながらプロトタイプ試乗会に突入。みなさん安心してください。一部を除き、しっかり進化してますよ!

 まずデザイン。標準ボディは今まで以上のシンプル&クリーン路線でまさに走るオシャレ無印良品。最大の特長たるドット穴模様のフロントグリルこそ新鮮だが、ほかはほとんど2代目と変わりないじゃない? と思っていた。

 ところが実際見てみると、前後フェンダーもリアパネルも似てはいるけどしっかり進化。特にフェンダー回りだ。面の張りは今まで以上だし、前後を貫くプレスラインも精緻でイイモノ感が増している。

 前後ライトもフロントは淡く光るLEDリングが太くなり新世代感を強調。リアパネルも高いプレスの張り感は出てるし、ランプ外形もよりシンプル化。いわゆる「クルマっぽくない走るオシャレ雑貨」として着実に進化している。

 かたや若干心配なのがカスタム。こちらも鉄板の張り感や標準同様に後端がキックアップしたプレスラインは精緻。フロントマスクのLEDラインもライトオンで左右のヘッドライトが繋がり、イマドキ感は強まった。しかし、グリルのメッキ量&イカツさが減り、標準同様のシンプルクリーン路線なのだ。

 オザワのなかでは標準ボディでシンプル派、カスタムでヤンチャ派のユーザーを取るのがN成功の方程式で、新型ではホンダ開発陣のデザイン理想主義が強めに出ている。ステップワゴンの二の舞にならないといいが。

次ページは : ■インテリア激変! あれ? デッカイ棚は!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!