ACCがカーブで自動減速も! 新型スイフトは安全&運転支援も大進化だぜ!

ACCがカーブで自動減速も! 新型スイフトは安全&運転支援も大進化だぜ!

 新型スイフトは安全装備や運転支援機能もしっかり進化した。これらは見落としがちな要素だが、万一のときにありがたさを感じる重要な装備。その中身を紹介しよう!

文/ベストカーWeb編集部、写真/スズキ、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】レベルがワンランクあがったスイフトの安全&快適装備をじっくり見て!(16枚)画像ギャラリー

■広画角カメラ+ミリ波でより広範囲の危険を検知!

新型スイフトの単眼カメラ+ミリ波レーダーは検知範囲が大幅に拡大した
新型スイフトの単眼カメラ+ミリ波レーダーは検知範囲が大幅に拡大した

 まずは衝突時のダメージを抑える衝突被害軽減ブレ―キから。新型スイフトは従来の「デュアルセンサーブレーキサポート」がII型へと進化した。

 なにが変わったかというと、システムの構成要素だ。先代スイフトはフロントガラスにあるレーザーレーダーと単眼カメラで危険を検知していたが、これがミリ波レーダー+広画角単眼カメラへと変更されたのだ。

 その結果、障害物などを検知する範囲が広くなった点がポイント。たとえば右左折時の横断歩道にいる歩行者や自転車、右折時に対向車線を直進してくるオートバイなども検出できるし、狭い道などから大通りに出る際、横から接近してくるクルマなども察知してくれる。

 従来からあった低速時ブレーキサポートももちろん健在だ。前後バンパーに装備された超音波センサーが駐車時の前進・後退をモニターし、まさかの際は被害軽減ブレーキを作動させる。前後の誤発進抑制機能とあいまって、「駐車中のうっかり」を防いでくれる有効な装備だ。

■スズキ車初のドライバーモニタリングも搭載!

カーナビモニター脇にカメラがありドライバーをモニタリングする
カーナビモニター脇にカメラがありドライバーをモニタリングする

 運転支援機能はどうだろう。まずアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)だが、ハイブリッドMXに設定されるMTのみ一部車速追従、それ以外は全車速追従機能付きACCを標準で搭載する点は先代スイフトと同じだ。

 いっぽう最上位グレードとなるハイブリッドMZは、電動パーキングブレーキを採用するため停止保持機能も付いた全車速追従ACCとなる。

 ACC作動中に渋滞などで停止した際、他グレードの場合は数秒でブレーキが解除されてしまうが、ハイブリッドMZなら再発進するまでブレーキを保持してくれる。渋滞時の運転ががぜんラクチンになるというわけだ。

 そして新型スイフトのACCで最大の進化点といえるのが、カーブでの速度抑制機能が付いたこと。道路のカーブを認識し、手前で適切な速度まで速度を落としてくれるのだ。高速道路の分岐点などがだんぜん走りやすくなるだろう。

 注目点はまだある。それがドライバーモニタリングシステムの搭載だ。

 スズキ車としては初となるこの装備は、カーナビ脇に取り付けられたカメラでドライバーの顔を認識し、居眠りや脇見を検知しようというもの。それらを検知した際は室内ブザー音とメーター内表示で知らせてくれる。今後の自動運転なども見据えた安心装備だ。

 新型スイフトは、最新の技術を取り入れた高機能な安全装備&運転支援機能を搭載した。クルマの安心・安全がワンランク高まったといえるだろう。

【画像ギャラリー】レベルがワンランクあがったスイフトの安全&快適装備をじっくり見て!(16枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!