標準装備だけで充分!! 一番人気グレードでわかったWR-Vの「爆安」ぶりに参りました!

標準装備だけで充分!! 一番人気グレードでわかったWR-Vの「爆安」ぶりに参りました!

 やはり、一番人気は中級グレードの234万9600円なのね! カクカクと四角いデザインで個性あり&超コスパよしのホンダWR-V。2023年12月21日の発表から「SUV界の主役に躍り出るのでは?」的な勢いのまま2カ月が経過。驚きの低価格をウリにするこのクルマ、グレード別の売れゆきが気になりますよね? なので、ホンダ広報部へ直撃取材してみたッ!

文・写真:ベストカーWeb編集部/写真:ホンダ

■N-BOX上級モデルより安い209万8800円。それがWR-V!

四角い塊感あるスタイルが、ヴェゼルと異なるテイストを放っているWR-V。あ、価格帯もヴェゼルとは違いますね(Zグレード)
四角い塊感あるスタイルが、ヴェゼルと異なるテイストを放っているWR-V。あ、価格帯もヴェゼルとは違いますね(Zグレード)

 国産車、輸入車問わず、最近は出るクルマ出るクルマ、デカいクルマばかり。そんななか、ホンダ久しぶりの新規投入モデルは小さめSUV。ボンネットフードの厚みをはじめ、全体的に塊感漂うカクカクなスタイルが、このクルマの個性なんですよ。

 全長4325×全幅1790×全高1650mmで、ヴェゼル(e:HEV プレイ)より全長が5 mm短く、全高が60mm高いというサイズ。

 ヴェゼルとほぼ同じサイズだが、ホイールベースはヴェゼルより40mm長い2650mm。ここがWR-Vが格好よく見える理由! タイヤが四隅に備わり、どんと地に足(タイヤ)をつけて踏ん張っている感が漂うんです。

 パワートレーンは1.5L、直4ガソリンのみで、FFのみだが、内装の質感は悪くなく、室内広々はホンダの得意技。

 そのパワートレーンの部分もあり、価格設定は「激安」と言っていい。全部で3グレードあり、X=209万8800円、Z=234万9600円、Z+=248万9300円という価格。最も高いグレードでも250万円切り。やはり……、「激安」ですね。

■「受注台数ですか? 好調に推移しております」

手前が最上級のZ+グレードで、奥が中級のZグレード。ルーフレールガーニッシュなどの形状や色合いが違う
手前が最上級のZ+グレードで、奥が中級のZグレード。ルーフレールガーニッシュなどの形状や色合いが違う

 ……という感じでWR-Vの横顔をお届けしたが、正式発表から2カ月以上経過の今。まずは受注台数がどんなものか、気になりますよね~。ホンダ広報部さん、そこんとこ、どうなんでしょ?

「そこはですね……。発売開始が2024年3月22日ですので、具体的な受注台数は今お答えできません。でも、好調に推移しております!」

 おぉ。好調という言葉、いただきました~。そして、3グレードのなかでどれが一番人気なのか、受注数のなかでの割合を知りたいところ。

「Z(234万9600円)が55%で半分以上です。次いでZ+(248万9300円)が30%、X(209万8800円)が15%という順です」

 おおおおぉ~。やっぱり、中級のZグレードが断トツ人気! 約210万円の「爆安」廉価グレードのXは確かに目を引くけど、タイヤが16インチでスチールホイール。このクルマの逞しさをやや削ぐ感じがするんスよ。

 だから、本物に触れた筆者が「これしかない!」とイチ押ししたいのが中級のZグレード。標準装備を知れば、それもナットクです!

次ページは : ■オプション要らずの完璧さ。それがZグレード(234万9600円)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!