【パジェロらしくなって電撃登場!!】新型パジェロスポーツ 世界初公開!!! 名門車の新展開は!!?


 三菱のパジェロといえば、本格派オフロード4WD車としてトヨタのランドクルーザーとともに日本を代表する名門モデルのひとつ。

 しかし、残念ながら国内向けモデルの生産終了が発表され、2019年8月をもって日本では長い歴史にピリオドを打つ。

 そんななか“もうひとつのパジェロ”として車名に伝統の名を冠すパジェロスポーツの新型が、2019年7月25日にタイで世界初公開!

 今回の改良モデルは果たして何が変わったのか? 日本では売られていないパジェロスポーツの位置づけとともに、ニューモデルを紐解く!

文:ベストカーWeb編集部
写真:MITSUBISHI


日本未発売のパジェロスポーツとは?

従来型のパジェロスポーツ。フロントマスクはアウトランダーに近い意匠。2015年にタイで発売され、オーストラリア・中東・アフリカなど世界各国で販売されている

 パジェロスポーツは、日本でもかつて発売された「チャレンジャー」に端を発するSUV。

 1996年に発売された初代は、2代目パジェロ(1991年発売)をベースとしたモデルで日本でも販売されたものの、2007年に発売された2代目モデル以降は海外専売モデルとなっていた。

 そして、2015年に現在も販売されている3代目モデルが発売。車名に関してはパジェロスポーツを基本に、一部地域ではモンテロスポーツの名でも売られている。

 イメージとしてはランクルに対するランクルプラドといった雰囲気で、全長4.8m、全幅も1.8m程度と本家パジェロと比べると小型で扱いやすい車格も魅力的。

 モデルとしても2006年に発売されたパジェロより現行型パジェロスポーツは新しい。それだけに、ダイナミックシールドを採用した外観は、アウトランダーに近い雰囲気を持つ、近年の三菱車らしいデザインとなっている。

よりパジェロらしく!! 新型パジェロスポーツのポイントは?

新型パジェロスポーツのフロント外観。全長×全幅×全高は4825×1815×1805mm(タイ仕様)となっている

 今回マイナーチェンジで刷新されたパジェロスポーツの特長は、迫力を増したそのエクステリアデザイン。

 太くなった横桟のメッキグリル、そして新型デリカD:5と同様の縦型のマルチLEDヘッドライトとLEDポジションランプを新たに採用した外観は、従来型と比べて直線的で、どことなく本家パジェロに近い雰囲気も感じられるルックスに。

 内装面は、8インチのカラー液晶モニターを採用するなど小変更に留まるが、このほか新たにハンズフリー機能付の電動テールゲートを採用。安全面でも従来の緊急自動ブレーキに加えて、レーンチェンジアシスト(LCA)と後退時車両検知警報システム (RCTA)を加えるなどブラッシュアップを図っている。

 パワートレインは、最高出力181ps、最大トルク43.8kgmを発揮する2.4LのMIVECディーゼルターボエンジンに8速ATを組み合わせ、4WD車には本家パジェロ譲りの「スーパーセレクト 4WD-II」を搭載するなど、お家芸である悪路走破性は抜群だ。

 注目の価格は、それぞれ日本円換算で「GT 2WD」が約455万円(129万9000バーツ)、「GTプレミアム 4WD」で約560万円(159万9000バーツ)となっている。

次ページは : 日本発売は? 今後パジェロはどうなる?

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ