ヴィッツ改め新型ヤリス 世界初公開!! コンパクトカーの世界標準を変える! 


 トヨタが、1999年にコンパクトカーの世界標準を作ろうと、総力を結集して開発した初代「ヴィッツ」。その登場から約20年が経った2019年10月16日に、すべてをブランニューした新世代コンパクトカーの新型車「ヤリス」が世界初公開された。

 大型・中型・小型というヒエラルキーを壊したいという思いと、TNGAで一新されたこのクルマで、新しいスタートを切るという思いを込めて車名を「ヤリス」へと変更したとのことだ。

 ヤリスは、国内発表が2019年12月中旬、発売開始は2020年2月中旬を予定。東京モータショーの期間中は、お台場のヴィーナスフォートに展示(10月23日~11月4日)するほか、10月末から12月にかけては、全国各地で展示される予定となっている。

文/ベストカーWeb編集部
写真/奥隅圭之、編集部

【画像ギャラリー】進化した新型車「ヤリス」の内外装を詳しく見る!


■TNGAプラットフォーム採用で走りを一新

世界初公開された新型車「ヤリス」。車名だけでなく旧型であるヴィッツとは、デザインもプラットフォームもすべて変わっている。生産は、トヨタ自動車東日本の岩手工場が担当する

 ヤリスは、コンパクトカー向けTNGAプラットフォーム(GA-B)を採用する初めてのクルマとなる。ほかのコンパクトカーが大型化するなか、小さいことにこだわった。そのうえで、コンパクトらしいきびきびとしたハンドリング、コンパクトを超える上質な乗り心地を目指している。

 高い車体剛性を追求し、骨格結合構造の最適化、高張力鋼板の使用範囲を拡大、さらにはシャシー部品およびサスペンション取り付け部を高剛性化。これによりボディのねじり剛性を30%以上向上、ロール角を大幅に低減させている。

コンパクトカー向けTNGAプラットフォーム「GA-B」。主要な骨格を連結させることで、クラストップレベルの剛性を実現

 ボディサイズは全長3940×全幅1695×全高1500mm、ホイールベースは2550mm。車重はグレードによるが、ハイブリッドの量販モデルで1050kgとなっている。ハイブリッドの量販モデルでは従来比50kg、ガソリンモデルでは20~30kgの軽量化を実現した。

ヤリスとヴィッツのスペック比較

 ライバルは、欧州ではポロやフィエスタ、国内ではフィットなどを意識。動かしたいように動くことを目指して開発したというシャシーには、開発陣のこだわりが多数採用されている。

 また、コンパクトカーとしては初めてE-Four(電気式4WDシステム)が設定され、これで今まで取りこぼしていた雪国のユーザーもカバーすることになる。

コンパクトカーとしては初めて搭載されたE-Fourには、専用設計の2リンク・ダブルウィッシュボーンを採用している

■2Lの技術をベースに新開発したエンジンを採用

 ヤリスのパワートレーンは、新開発の1.5L直3ダイナミックフォースエンジン(M15A)に、ダイレクトな加速を実現する新型CVTかiMT(6速MT)の組み合わせ。その1.5LエンジンにTHSIIを組み合わせて、力強くシームレスな走りを追求したハイブリッド。そして、改良を加えた1L直3エンジン(1KR)と、小型軽量化したCVTを組み合わせた3種類をラインナップしている。

グレード体系表。1.5Lガソリンエンジンには、iMT(6速MT)が設定される ※ガソリン車の4WDは2020年4月発売予定

 1.5L直3ダイナミックフォースエンジンは、RAV4に搭載されている2L直4ダイナミックフォースエンジンをベースに3気筒化。

 この1.5LエンジンにTHSIIを組み合わせた新世代ハイブリッドシステムは、システム出力・モーター出力の向上、リチウムイオンバッテリーの性能向上(出力50%、入力100%の向上)により、動力性能を15%以上向上させたうえ、リニアな加速性能を実現させている。

1.5L直3ダイナミックフォースエンジン+THSII。従来のハイブリッドエンジンに比べ、大幅に性能向上を果たした

 日常使いが多いコンパクトカーだからこそ、低燃費にこだわり、新世代ハイブリッドシステムの採用と、量販グレードでの50kgの軽量化によって、トヨタのハイブリッド車だけでなく、世界のハイブリッド車のなかで、最高レベルとなるWLTCモード燃費20%の向上を目標に開発を進めている。

 この新ハイブリッドシステムでは、ギアを改良し、旧型ではできなかった130km/hという高速域でもエンジンをストップさせられるようになったことが特筆すべき改良点となっている。

 従来はアクセルをオフしても、エンジンを止めることができず、ロスが大きかった。それがエンジンをストップすることができるようになったことで、コースティング時のロスを最小限に抑えることができるようになったのだ。高速巡行を苦手とするハイブリッドだったが、ヤリスはそれを克服しそうだ。

 また1.5Lと1Lガソリンエンジンも、アイドリングストップ機能を採用していないにも関わらず、技術的な積み上げをすることで、従来よりも優れた燃費性能を実現するなど、パワートレーンの進化具合には驚かされる。

次ページは : ■アルファードクラス同等の先進安全装備を採用

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ