日産アリア、IMk、世界初公開!! EVコンセプトカーはどんなクルマ?【東京モーターショー2019】

日産アリア、IMk、世界初公開!! EVコンセプトカーはどんなクルマ?【東京モーターショー2019】

 日産自動車は、東京ビッグサイト西2ホールにある日産ブースでは、プレスブリーフィングにおいてEVのコンセプトカー、ニッサンアリアコンセプト、ニッサン IMkを世界初公開した。

 さて、このワールドプレミアとなった2台はどのようなモデルなのか、解説していこう。

文/ベストカーWEB編集部
写真/ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】日産アリアコンセプト&IMkの詳細写真


流麗なクーペSUVルック! 次期エクストレイルか?!

 現行エクストレイルより少し大きいサイズのアリアコンセプト
現行エクストレイルより少し大きいサイズのアリアコンセプト

 アリアコンセプトは、近い将来に生産すると予告されるクロス―オーバーSUV。

 クルマの電動化や知能化によって交通事故や交通渋滞、排出ガスによる大気汚染などの諸問題を解決し、あらゆる人にシームレスな移動体験を提供することを目指す日産のビジョン「ニッサンインテリジェントモビリティ」を実現するクロスオーバーコンセプトカーとしている。

 エクステリアは滑らかで美しいプロポーションが特徴で、Vモーショングリルやブレード型のリアコンビネーションランプ、超極薄LEDヘッドライトなどを採用。専用タイヤと組み合わされる5本スポークの21インチ大径アルミホイールが装着されている。

流麗なクーペルックで滑らかなボディラインが美しい
流麗なクーペルックで滑らかなボディラインが美しい

 ボディサイズは全長4600×全幅1920(ドアミラーを除く)×全高1630mmと現行エクストレイルの全長4690×全幅1820×全高1740mmに比べるとひと回り大きい。

 ボディカラーには見る距離によってさまざまな表情に変化する「彗星ブルー」を採用している。

 インテリアではダッシュボードとドアパネルをシームレスに連続させて一体感を高めたインパネを採用し、スタートボタンと12.3インチディスプレイモニターの操作ノブ、エアコン操作ノブ以外のボタンやスイッチなどは省かれている。

 駆動用バッテリーを最適配置してフラット化したフロアには、超極薄フレームを採用したシートを設置している。

 また、スマホとカーナビを連動させてドライバーを最終目的地までシームレスに案内する「ドア・ツードア・ナビゲーション」を採用した。

 パワートレーンでは車両の前後に高出力のモーターを配置し、前輪と後輪をそれぞれ駆動する「ツインモーター4WD制御システム」や、先進運転支援技術「プロパイロット2.0」を採用しているのがポイントになっている。

 日産自動車グローバル研究開発担当の中畔邦雄副社長は、「新開発のEV専用プラットフォームに加えて、前後輪にモーターを配したツインモーター四輪駆動システムを採用しています。

 高い次元での発進加速性能を実現するとともに、あらゆる路上での優れたトラクション性能を発揮することで、意のままのドライビングと、これまでにない乗り心地や安心感を提供する」とコメント。

日産自動車グローバル研究開発担当の中畔邦雄副社長とグローバルデザイン担当専務執行役員のアルフォンソ・アルベイザ氏

次ページは : スーパーハイトワゴン デイズルークスの次期モデル?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ