【クラウンの特別仕様車超カッコいい!! ほか】 秋冷の新型&限定車特選情報!!!

 トヨタ クラウン、ダイハツのブーン、トールに特別仕様車が、またカムリは一部改良車が登場。

 ほか、BMW 3シリーズ「ツーリング」の発売、レクサスシリーズ「LC」「IS」「GS F」からも特別仕様車・一部改良車が登場…などなど、今回も最新情報を詰め合わせでお届け!

【画像ギャラリー】クラウン カムリ トールなど 最新情報をギャラリーでチェック!!

※本稿は2019年10月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年11月10日号


■トヨタ クラウン S “スポーツスタイル”/S Four “スポーツスタイル” (特別仕様車・10月2日発売)

 クラウンの「S」「S Four」グレードをベースにした特別仕様車の“スポーツスタイル”が設定された。

 ブラック調18インチアルミホイールの採用など、内外装にスポーツテイストを高める特別装備を充実させている。

●価格:507万3200円~

■トヨタ カムリ(一部改良・10月1日発売)

 カムリが一部改良。

 コネクティッドサービスが利用できるディスプレイオーディオを標準装備。安全装備も強化され、4WDも設定される(12月16日)。

●価格:372万8000円~

■ダイハツ ブーン スタイル “ホワイトリミテッドSAIII” “ブラックリミテッドSAIII”/トールG “リミテッドII SAIII”(特別仕様車・10月1日発売)

 ブーンに、特別仕様車の「スタイル“ホワイトリミテッドSAIII”」「スタイル“ブラックリミテッドSAIII”」が設定された。

ブーン スタイル “ホワイトリミテッドSAIII”
ブーン スタイル “ブラックリミテッドSAIII”
トールG “リミテッドII SAIII”。トップシェイドガラス、メッキアウターハンドルなど特別装備

 ホワイトルーフ/ブラックルーフの2トーンカラーで、これに対応した内外装加飾などを特別装備したモデルとなっている。

 また、トールにメッキアウターハンドルなど、装備を充実させた特別仕様車の「G “リミテッドII SAIII”」を設定。カスタムGにも同様の特別仕様車が設定された。

●価格:163万9000円~

■三菱 ミニキャブトラック(一部改良・9月24日発売)

 スズキキャリイのOEM車である軽トラックのミニキャブトラックが一部改良。

積載性の高さで好評のミニキャブトラックが一部改良

 今回の主な変更点は最上級「G」グレードの先進安全装備の強化で、夜間でも歩行者を検知可能な衝突被害軽減ブレーキを採用。

 さらに車線逸脱警報機能やふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、などが新たに搭載されている。

 また同じくキャリイのOEM車であるマツダのスクラムトラックも一部改良。価格は86万200円~。

●価格:88万7150円~

■ルノーキャプチャー(一部仕様変更・9月26日発売)

 ルノーキャプチャーのカラーバリエーションが変更され、9月26日に販売開始された。

 現在、日本販売されている「インテンス」グレードのカラー変更で、黒いルーフにボディカラーは新色2色を含む全4色展開になった。

●価格:274万9000円~

■BMW 3シリーズ ツーリング(フルモデルチェンジ・9月26日発売)

 今年1月に発表されたBMW新型3シリーズのステーションワゴンモデルである「3シリーズツーリング」が発売された。

新型3シリーズ ツーリングがついに発売。価格は494万~1005万円

 新型3シリーズ ツーリングのエクステリアは、セダン同様、最新のBMWデザインコンセプトによる美しいスタイルを採用。

 インテリアも新世代のコクピットコンセプトにより、機能的かつ先進的な空間を実現。ラゲッジスペースは、先代型から5L増加して500Lを確保。後席を倒すと、最大1510Lまで拡大できる。

 先進運転支援装備では、セダンで日本初採用した「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」をツーリングでも標準装備。さらに自動ブレーキをはじめ、様々な最先端の運転支援システムが揃っている。

 エンジンは、387psの3L直6ガソリンターボ、258psと184psを発生する2タイプの2L直4ガソリンターボ、190ps/40.8kgmの2L直4ディーゼルターボを設定。

 グレード体系は全7モデルをラインナップする。納車は11月以降になる予定。

●価格:494万円~

■VWポロ TSIコンフォートライン リミテッド(特別仕様車・10月1日発売)

 VWポロに特別仕様車の「TSIコンフォートライン リミテッド」が設定され、10月1日に発売。

安全性や利便性に加えて、外観は専用アルミホイールなどを装備した特別仕様車

 LEDヘッドライトやスマートエントリーシステム、純正インフォメイトシステム“Discover Pro”、18インチアルミホイール、レザーマルチファンクションステアリングホイール、などが特別装備され、安全性や利便性が向上したモデルとなっている。

●価格:259万9000円

■ベンツS400d スポーツリミテッド(特別仕様車・10月2日発売)

 ベンツSクラスに特別仕様車が設定された。

S560ロング ショーファーリミテッド

 人気装備を追加装備したS400dリミテッドをはじめ、全7タイプの特別仕様車が用意された。

●価格:1215万円~

■レクサスLC PATINA Elegance(特別仕様車・10月1日発売)

 レクサスLCに特別仕様車の「PATINA Elegance」が、国内100台限定販売で設定された。

価格は、LC500h“PATINA Elegance”が1450万円。LC500“PATINA Elegance”が1400万円

柔らかさを追求した本革シートとプレミアムレザーを使用した本革ステアリングを採用したモデルとなっている。

 また、新規採用のボディカラーと特別仕様車専用のインテリアカラーの組み合わせや、L字が重なったモチーフが浮かび上がるスカッフプレートなどを特別装備する。

●価格:1400万円~

■レクサスIS I Blue(特別仕様車・10月1日発売)

 レクサスISに特別仕様車の「I Blue」が設定された。

特別仕様車の「I Blue」はIS350、IS300h、IS300に設定される。価格帯は541万6000~655万7000円

 I Blueは唯一無二の個性を表現するために、職人が本杢を藍色に仕上げたステアリングを採用したのが特徴。

 さらにインテリアを藍色が鮮やかに引き立つ特別仕様車専用のカラーコーディネートでまとめ、エクステリアはフロントグリルやアルミホイールなどを黒基調にした仕様になっている。

●価格:541万6000円~

■レクサスGS F(一部改良・10月1日発売)

 レクサス“F”モデルの高性能セダン、GS Fが一部改良された。

2015年に登場した4ドアスポーツセダンのレクサスGS Fが一部改良。ホイールなどがブラックで引き締められ、サスペンションも強化された

 今回の改良では、アルミホイールやドアミラーにブラック調のカラーを施し、またブレーキキャリパーのカラーを2色から選択可能。加えて内装色のホワイトアクセントをより際立たせた変更が行われた。

 さらに足回りも改良され、走行安定性を確保しながら、サーキットでは限界域での操縦性を向上させている。

●価格:1144万円

【画像ギャラリー】クラウン カムリ トールなど 最新情報をギャラリーでチェック!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ